文字サイズ
自治体の皆さまへ

いま福島で頑張る人たちを紹介ーふくチャレー

6/21

福島県

■福島から世界へ!その夢を大きく羽ばたかせています
福島東稜高校
一条(いちじょう)未悠(みゆ)さん(福島市)

2022年7月にアメリカで開催された「Showstopper(ショーストッパー)※1Final(ファイナル)」に日本代表として出場し、ソロのシニア部門で日本人初の「優勝」という快挙を成し遂げた一条さん。ダンスを習っていた姉の影響と母親の勧めもあって、小学校1年生からダンスを習い始めました。「踊り方や音の取り方など、全く同じ人がいないというところがダンスの魅力」と話します。
一条さんのダンスは、全身からあふれ出るパワーとしなやかさが持ち味で、世界大会でも「みんなと同じことをしても優勝できない」と得意のワック※2とジャズを組み合わせ、日本の和を取り入れた独自のスタイルで挑みました。「いちかばちかの挑戦でした」と言いますが、それが功を奏して見事優勝。そんなチャレンジングな姿勢を今後も貫きながら、卒業後は世界を見据えつつフリーのダンサーとして、東京を中心に活動をしていく予定なのだとか。
「これからも周りへの感謝を忘れず、困難なことも乗り越えていきたい。そして、福島にも指導者など何らかの形で関わっていけたら」と故郷を大切に思う気持ちを胸に、福島から世界へ、その翼を強くしなやかに羽ばたかせていきます。

※1 全米で最も古く権威あるジャズダンスの大会。過去にはビヨンセなどの大スターも輩出している。
※2 腕をムチのように振り回したり、腕を体に巻きつけるような動きが特徴的なダンス。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU