文字サイズ
自治体の皆さまへ

各種相談窓口等のご案内

6/28

秋田県五城目町

新型コロナウイルス感染症に関する各種相談窓口などを掲載しています。
その他については、町ホームページをご覧ください。

■持続化給付金相談窓口
中小企業や個人事業主に対して、最大で200万円を給付します。農林漁業を営む法人も対象となります。

お問い合わせ先:持続化給付金事業コールセンタ
【電話】0570・115・570
(受付時間 午前8時30分〜午後7時)
※平日、休日とも対応。

■受診・相談窓口
新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談や以下の症状がある方は、相談窓口へご連絡ください。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合 ※高齢者、基礎疾患のある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊娠中の方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が 4日以上続く場合

相談窓口
あきた帰国者・接触者相談センター(コールセンター【電話】866・7050(24時間受付、【電話】895・9176(受付時間 午前9時~午後5時)

■特別定額給付金相談窓口
国の緊急経済対策として、令和2年4月27日に本町の住民基本台帳に記録されている全町民に一律10万円を「特別定額給付金」として給付します。
特別定額給付金の申請書は、5月7日に各世帯に発送され、「3密」を回避する目的から、郵送による申請をお願いしています。5月末現在で全体の95%を超える申請があり、5月20日から給付を開始しています。なお、申請締切日が令和2年8月11日(火)となりますので、申請漏れのないようご留意ください。
申請書発送状況:3961世帯
給付金支給日:5月20日、26日、6月2日(火)、12日(金)、19日(金)、26日(金) ※7月以降については、毎週金曜日を予定しています。
申請締切:令和2年8月11日(火)

お問い合わせ先:町新型コロナウイルス感染症対策本部(町総務課内緊急支援対策担当【電話】852・5332)

■子育て特別給付金相談窓口
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う国の緊急経済対策として、本年3月分を含み4月分の児童手当(本則給付)の支給を受けている方に、本年3月31日までに生まれた0歳児から本年3月に中学校を卒業した児童1人当たり1万円を支給します。
5月中に、町役場から給付金の案内チラシを郵送し、6月10日(水)に、児童手当を受給している口座等に給付金を振り込みます(公務員の方は、所属庁からの案内・証明の後、申請が必要です)。

お問い合わせ先:町健康福祉課(【電話】852・5128)

■県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金相談窓口
県の要請に応じて一定期間、施設の休業(飲食店等の食事提供施設の場合は営業時間の短縮を含む)に全面的にご協力いただいた事業者には協力金が支給されます。
支給金額:30万円(2施設以上ある事業者は60万円)
受付期間:6月15日(月)まで

お問い合わせ先:県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金相談コールセンター(【電話】860・5071)
受付時間:午前9時〜午後5時 
※土日・祝日を含む。 

■新型コロナウイルス感染症に関する不当な偏見、差別、いじめ等の被害に遭った方からの相談を受け付けています
新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者、医療従事者やその他関係者などに対し、誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。公的機関の提供する正しい情報を入手し、冷静な行動に努めましょう。困った時は1人で悩まず、下記までご相談ください。

みんなの人権110番【電話】0570・003・110(受付時間 午前8時30分〜午後5時15分)※土日・祝日を除く。

インターネット人権相談:http://www.jinken.go.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU