文字サイズ
自治体の皆さまへ

今月の表紙・取材ノート

2/42

群馬県前橋市

◆今月の表紙
住吉町二丁目に住む原田恒弘さんは、7歳のときに前橋空襲を体験。逃げ込んだ防空壕のあった比刀根橋付近で、当時のことを話してくれました。防空壕の大きさや中の様子など記憶は今も鮮明に残っているそう。比刀根橋には、爆弾の破片が飛んだものと思われる細かな跡や、クラスター爆弾の弾痕と思われるものが今も残っています。

◆取材ノート
戦争体験者の皆さんは、その悲惨な経験から「長い間、話さないようにしていた」と語っていました。けれど後世に残すためには自分たちが次の世代に伝えなければいけないと思い、話したり記録を残したりすることを決意したそう。6ページに登場した田村さんは、短歌で当時の記憶を残すことを始めたと話していました。(須藤)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU