文字サイズ
自治体の皆さまへ

〔お知らせと情報〕くらしのお知らせ ~Information~(1)

7/26

茨城県かすみがうら市

■新型コロナウイルス関連情報
◆新型コロナウイルスワクチン情報
○追加接種(4回目接種)の開始について
3回目接種から5カ月以上経過し、次に該当する方を対象に、4回目接種を開始します。1・2・3回目に接種したワクチンに関わらず、ファイザー社または武田/モデルナ社製ワクチンを使用します。
(1)60歳以上の方 ※申請は不要です
3回目接種から5カ月以上となる時期に応じて接種券を発送しますので、ご予約ください。
(2)18歳以上59歳以下で基礎疾患を有する方、重症化リスクが高いと医師が認める方
事前申請が必要です。窓口で申請書を配布していますので、必要事項を記入し窓口へ持参・郵送してください。
「いばらき電子申請・届出サービス」からも申請できます。
窓口:健康づくり増進課(かすみがうらウエルネスプラザ)、千代田窓口センター(千代田庁舎)、霞ヶ浦窓口センター(霞ヶ浦庁舎)、中央出張所
※基礎疾患を有する方の確認には、診断書などの証明書は不要です。
※基礎疾患の範囲などの詳細は、ホームページをご覧ください。

○追加接種(3回目)の実施について
2回目接種から6カ月以上経過した12歳以上の方を対象に、追加接種(3回目)を実施します。
対象者は接種券が届き次第、予約ができます。1・2回目と異なるワクチンでも接種が可能です。
※12歳から17歳の方は、ファイザー社製ワクチンのみとなりますので、接種協力医療機関をご予約ください。
[接種会場]
(1)市集団接種会場(かすみがうらウエルネスプラザ)
(2)接種協力医療機関
(3)県大規模接種会場(産業技術総合研究所)
[予約方法]
・電話予約(コールセンター)
【電話】029-853-0771
午前9時~午後5時((土)(日)(祝)除く)
・WEB予約(パソコン・スマホ)
【URL】https://jump.mrso.jp/082309/

問合せ:健康づくり増進課
【電話】029-898-2312

◆自宅療養者などを支援
○食料品の配送支援
市では、新型コロナウイルスに感染し自宅療養中のため、宅配やインターネット配送などにより食料品などの購入が困難な世帯を対象に、食料品などの配送支援を行っています。
※県の「自宅療養者向けの配食サービス」をすでに受けている方は対象外です。
※詳細は、ホームページをご覧ください。

○パルスオキシメーターの貸し出し
市では、新型コロナウイルスに感染し自宅療養中の方を対象に、パルスオキシメーターを貸し出しています。希望する方は、電話でお申し込みください。
※パルスオキシメーターは、指先に装着し、血液に酸素を取り込めているかを測るための装置です。
※詳細は、ホームページをご覧ください。

問合せ:健康づくり増進課
【電話】029-898-2312

○宿泊施設での療養
県では、新型コロナウイルスに感染した軽症者などを対象に、宿泊施設での療養を受け入れています。

問合せ:茨城県新型コロナウイルス療養施設担当
【電話】029-301-5134

◆子育て世帯を支援
○低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金
新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、子育て世帯支援のため、対象のお子さん1人当たり一律5万円を支給します。対象者により申請が必要になる場合があります。
[ひとり親世帯分]
対象:次のいずれかに該当する方
(1)令和4年4月分の児童扶養手当受給者の方
(2)公的年金などを受給していることで、令和4年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない方
(3)感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準になっている方

[ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分]
対象:(1)と(2)の両方に該当する方
(1)令和4年3月31日時点で、18歳未満のお子さん(特別児童扶養手当を受給しているお子さんは20歳未満)を養育している父母など
(2)令和4年度住民税(均等割)が非課税の方または令和4年1月1日以降の収入が急変し、住民税(均等割)が非課税者と同水準になっている方
※すでに「ひとり親世帯分」の給付金の支給を受けている方は対象外です。
※最新情報は、ホームページをご覧ください。

問合せ:子ども家庭課(千代田庁舎)

『生活支援情報ホームページ』『事業支援情報ホームページ』は、本紙またはPDF版掲載の二次元コードよりご覧ください。

■医療福祉制度(マル福)の更新
ひとり親家庭および重度心身障がい者のマル福の方が現在使用している受給者証の有効期限は6月30日(木)です。所得要件に該当する方には、6月下旬に新しい受給者証を郵送しますので、記載内容をご確認ください。保険の内容や障がいの内容などに変更があった場合は、窓口に変更内容が確認できるものを持参の上、手続きしてください。
[更新手続きが必要な方]
所得制限がありますので、令和4年度(令和3年中)の所得が確認できない方は、新しい受給者証を交付することができません。
更新手続きが必要な方には、手続きの内容や方法について通知しますので、必要書類を持参の上、申請し「医療福祉受給者証」の交付を受けてください。
手続き先:国保年金課、霞ヶ浦窓口センター(霞ヶ浦庁舎)、中央出張所

問合せ:国保年金課(千代田庁舎)

■国民年金保険料の免除・納付猶予制度
収入の減少や経済的な理由などで保険料を納付することが困難な場合には、申請により保険料が免除・一部免除または納付猶予となる制度があります。
免除や納付猶予を受けずに未納になっていると、不慮の事態が発生した時に、障害基礎年金または遺族基礎年金を受給できない場合があります。
免除申請の受付開始:7月1日(金)
※令和4年7月から令和5年6月分の免除申請
[必要書類]
(1)マイナンバーカードまたは年金手帳および運転免許証など(本人確認ができるもの)
(2)退職(失業)による特例免除申請の場合は、(1)の他に、雇用保険被保険者離職票または雇用保険被保険者資格喪失確認通知書など
[注意点]
・免除・納付猶予を受けた期間は受給資格期間に算入されますが、年金額には反映されません。
・納付すべき一部の保険料を納付しない場合、一部免除が無効(未納と同じ)となり受給資格期間に算入されず、障害基礎年金または遺族基礎年金が受けられない場合があります。
・免除・納付猶予を受けた期間の保険料は、10年以内であれば納付(追納)することができます。
・学生の方は、学生納付特例制度をご利用ください。
手続き先:国保年金課、霞ヶ浦窓口センター(霞ヶ浦庁舎)、中央出張所

問合せ:国保年金課(千代田庁舎)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU