ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

元気いっぱい!ごかっ子情報

13/24

茨城県五霞町

町内の小・中学校で行われた取組みや行事などを紹介します。今月は、五霞西小学校を紹介します。

◆地域とともに
地域と学校の連携・協働は、教育と子どもたちの明日へ心を寄せるすべての方々に支えられています。
それは、子どもたちの安全の確保、多様な体験活動などによる「生きる力」の育成につながっています。

▽スクールガード
児童の登校の時間になると町の危険箇所がオレンジ色で表されます。スクールガード(子ども見守り)の皆様のベストの色です。交差点や横断歩道で児童の安全を守る立哨指導をしていただいています。
また、毎朝一緒に、子どもたちの通学班を学校まで見守りながら、指導していただき、正門に入るまで見届けていただいています。

▽稲作・畑作・野菜作り体験
新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休業となりました。例年、児童が行う田植えやサツマイモ苗植えなどは職員が行いました。地域の皆様の協力を得て、学校が再開する準備を進めました。
学校が再開した六月。二十三日には六年生が久しぶりの体験活動「ジャガイモ堀り」を行いました。
稲作、畑作(ジャガイモ・サツマイモ・里芋・黒豆など)は、本校学校評議員でもある、鈴木昇様にご指導いただいています。
また、野菜作りとウサギの飼育は、えさの調達も含めて、齊藤直春様にご協力いただいています。
子どもたちは、地域と学校が連携協力することで、様々な体験をすることができます。そして、地域への「想い」や「愛着」、地域の人々との交流が深まっていきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU