文字サイズ
自治体の皆さまへ

【保健コーナー】食中毒を予防しましょう!

12/21

茨城県大子町

食中毒の主な原因である細菌は、気候が暖かく、湿気が多くなる梅雨から夏にかけて増殖が活発になります。ジメジメとした日が続くこのシーズンは、食中毒菌の繁殖が活発になる時期です。

■家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

(1)食品の購入
・消費期限等の表示をチェックしましょう
・生肉、生魚は帰宅まで時間がかかるなら氷(保冷剤)を使用しましょう

(2)家庭での保存
・生ものはすぐに冷蔵庫へ入れましょう
・冷蔵庫は10℃以下に維持しましょう
・冷凍庫は-15℃以下に維持しましょう
・肉、魚の汁がもれないように、保存しましょう
・冷蔵庫の中身は7割程度を目安にしましょう

(3)下準備
・まな板は生の肉や魚を切ったらしっかり洗い、熱湯をかけるか塩素消毒しましょう
・タオルやふきんは清潔なものに交換しましょう
・調理前の肉、魚は生で食べるもの(生野菜サラダや果物)から離しましょう
・食べる前に野菜や果物はよく洗いましょう
・夏場の冷凍食品の解凍は冷蔵庫を使用して行いましょう

(4)調理
・作業前に手を洗いましょう
・台所は清潔にしましょう
・加熱は十分にしましょう(中心部分は75℃以上で1分以上)
・レンジを使用する場合は均一に加熱するようにしましょう
・盛り付けは清潔な器具、食器を使用しましょう

(5)食事
・食事の前は手を洗いましょう
・長時間室温に放置しないようにしましょう

(6)残った食品
・清潔な調理器具、容器で保存しましょう
・時間が経ち過ぎたり、ちょっとでも怪しいと思ったら、思い切って捨てましょう
・温め直すときは、十分に加熱しましょう(目安は75℃以上で1分以上)

問合せ:健康増進課
【電話】72-6611

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU