文字サイズ
自治体の皆さまへ

新しい生活様式 with コロナ「STOP! コロナ差別」

3/24

茨城県守谷市

新型コロナウイルス感染症に限らず、感染症に関した不当な差別、偏見、いじめは決して許されるものではありません。また、そうした差別や偏見が広がることは、人々の不安をあおり、感染拡大防止の妨げにもなります。不確かな情報に惑わされたり、必要以上に恐れたりすることなく、一人一人がお互いを思いやり、冷静な行動をお願いします。
なお、新型コロナウイルス感染症の感染者やその家族および医療従事者などへの差別は、県の条例で禁止されています。

■コロナ差別の加害者にならないために
(1)正しい知識
うわさ話やSNSなどの情報ではなく、公共機関が発信する情報を確認
・県内の発生状況や検査結果など(茨城県ホームページ)
・市からのお知らせ

(2)冷静な行動
自らの感染を防ぐよう行動するとともに、落ち着いて行動
・感染拡大防止システムいばらきアマビエちゃん(茨城県ホームページ)

(3)思いやりの心
相手の立場になって考え、人と人との心のつながりを大切に

■差別を受けたり、見かけたりしたら、窓口へ相談を
○一般の方向け
新型コロナウイルス感染症に関する特設人権相談窓口(茨城県)
【電話】029-301-2613
平日9:00~17:00

○学校関係向け
いじめ・体罰解消サポートセンター
【電話】029-823-6770
平日9:00~16:30 (火・木・金曜日は18:30まで)

問合先:市役所市民協働推進課 人権推進室
【電話】45-1249

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU