文字サイズ
自治体の皆さまへ

案内(3)

6/15

茨城県常陸太田市

■児童扶養手当の対象者となる方は手続きを
支給対象者:離婚などにより父母の一方と生計をともにしていない児童の父または母、父または母に代わって児童を養育している養育者
*「児童」とは、0歳から18歳までの方。ただし18歳の方は18歳になった年度末まで。
*公的年金を受給している場合は、児童扶養手当額より低い方のみ、その差額分を受給できます。令和3年3月の制度改正により障害基礎年金等を受給されている方の支給要件が一部緩和されます。詳しくはお問い合わせください。
手当の額:月額1万180円~4万3160円(児童1人の場合)
*2人目以降は所得に応じて加算されます。
*受給資格者や同居の扶養義務者の所得によって、手当の一部または全部の支給が制限されます。
支給開始月:申請日の翌月分から
申請方法:申請先に備え付けの請求書に必要事項を記入の上、全部事項証明書(戸籍謄本)、必要書類を添えて申請してください。
*必要書類は、手当を受ける方の支給要件によって異なります。詳しくは、お問い合わせください。
問合せ・申込み:
子ども福祉課子ども家庭係【電話】内線145
各支所

■ひとり親家庭の資格取得を応援します
ひとり親家庭の父または母が、就職に有利となる資格取得で修学する場合に給付金を支給します。支給を希望される方は、事前相談にご参加ください。
事前相談期間:3月19日(金)まで
*4月以降に申請受付となりますが、申し込み多数の場合や審査により支給されない場合もありますのであらかじめご了承ください。
事前相談場所:子ども福祉課
対象:市内に居住し、令和3年度に修学を開始し、入学から卒業までの間、次のすべての条件を満たすひとり親家庭の父母
・児童扶養手当の支給を受けている方または同様の所得水準にある方
・養成機関において1年以上のカリキュラムを修学し、対象資格の取得が見込まれる方
・就業または育児と修学の両立が困難であると見込まれる方
・過去に同じ趣旨の給付金を受けていない方取得
対象資格:看護師(准看護師を含む)、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、その他市長が認める資格
給付金の額:
・市民税非課税世帯 月額10万円(養成機関修了年については月額14万円)
・市民税課税世帯 月額7万500円(養成機関修了年については月額11万500円)*市民税非課税世帯とは、同一世帯の家族全員に市民税が課税されていない場合をいいます。
支給期間:修学期間の全期間(上限4年)
問合せ・申込み:子ども福祉課子ども家庭係
【電話】内線161・145

■県民交通災害共済の加入受付が開始します
交通事故(自損事故を含む)による怪我などで実治療日数3日以上から見舞金を給付する制度です。
加入対象者:市内に住所を有する方、市内の事業所に勤務する方とその家族
見舞金:死亡100万円、傷害最高30万円、身障見舞金50万円
加入費:大人900円、中学生以下500円
共済期間:4月1日(4月1日以降に加入した場合はその翌日)~令和4年3月31日
申込開始:2月1日(月)
申込方法:加入費を持参の上、窓口でお申し込みください。
問合せ・申込み:
市民協働推進課市民安全係【電話】内線170
各支所

■1月26日は文化財防火デー
昭和24年1月26日に法隆寺金堂の壁画が焼損したことから、文化庁と消防庁は1月26日を「文化財防火デー」と定めました。
文化財は先人たちが大切に守り継いできたものですが、一度の火事ですべて無くなってしまうこともあります。特に1月~2月は1年のうちでもっとも火災が発生しやすい時期ですので、文化財の所有者・管理者だけでなく、地域の方全員が防火意識をもって過ごしましょう。

問合せ:文化課文化振興係
【電話】72-3201

■常陸太田の伝統工芸展 漆
伝統工芸品を紹介する「常陸太田の伝統工芸展」。今回は、漆を紹介します。市内でも古くから栽培・採取されてきた漆は、1980年代から急速に衰退し、忘れ去られたかのようでした。しかし、関係者の地道な努力に才能あふれる作家たちが加わり、少しずつ復興に向かっています。
とき:3月2日(火)~21日(日)午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
*月曜休館
ところ:郷土資料館梅津会館
展示内容:地元の作家と作品、県北地域の漆について紹介します。
入館料:無料

問合せ:NPO法人結
【電話】72-8860

■行ってみよう!ジオパーク展~棚倉断層・ゆけむりの旅~
茨城県北ジオパーク構想のインタープリター(大地の案内人)が、県北地域の自然と温泉の魅力を紹介します。
とき:2月20日(土)・21日(日)午前10時~午後5時
ところ:道の駅奥久慈だいご物産館(大子町池田)
料金:無料
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、混雑時にはお待ちいただく場合があります。

問合せ:茨城県北ジオパーク推進協議会事務局
【電話】029-228-8825

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

案内(3)

4/15

茨城県常陸太田市

■かんしょ(さつまいも)の生産拡大を支援します
県では、国内、海外を問わず需要が拡大しているかんしょの生産拡大を進めるため、農地の確保や栽培技術の習得、販売先の情報提供など、総合的に支援しています。また、かんしょ農家に農地を貸し出す方には協力金を交付します。

▽荒廃農地等の再生費用補助
補助対象:荒廃農地等を再生し、令和3年度にかんしょを作付けする農家、農業者団体
採択要件:再生した農地で5年間かんしょを作付することほか
補助内容:再生に係る費用の2分の1(上限10万円/10a)
*樹木の抜根を伴う場合、その費用の2分の1を上乗せ(上限15万円/10a)

▽農地貸付協力金
交付対象:かんしょ農家に20a以上(複数農地の合算も可)の農地を貸し出す農家および農地の相続人
交付要件:農地中間管理事業を通じて農地(荒廃農地を除く)が貸借されることほか
交付額:定額1万5千円/10a
*詳細はお問い合わせください。

問合せ:県北農林事務所企画調整課
【電話】80-3301

■農業用ハウスの強靭化を行いましょう
近年、農業用ハウスに甚大な被害を与える自然災害が多発しているため、県では、農業用ハウスの新設や再建等を支援する補助事業等で、補助対象を風速36以上に耐えられる強度のハウス(『強靭化ハウス』)に限定して支援します。補強対策や支援策については「県農業用ハウス災害被害防止マニュアル」にまとめていますので、ホームページ等をご参照ください。また、万一被災された場合への備えとして、園芸施設共済や収入保険制度等への加入も検討し、災害に備えましょう。

問合せ:県北農林事務所企画調整課
【電話】80-3301

■全国農業新聞を購読しませんか
全国農業新聞は、地域農業者の代表機関である農業委員会組織が発行する週刊の農業総合専門紙です。情報が分かりやすくまとめてあり、家族全員が楽しめる記事も充実しています。県版や地方版の充実により、地域を元気にする情報や地域の身近な情報なども多く掲載されています。
発行:月4回(各金曜日)
料金:月額700円
申込方法:申込先または地元の農業委員までお申し込みください。
問合せ・申込み:農業委員会事務局
【電話】内線631・632

■農業者年金に加入しませんか
農業に従事する方なら、広く加入できます。
主なメリット:
・積立方式の確定拠出型年金のため、加入者や受給者数に左右されない安定した制度です。
・保険料は月額2万円~6万7千円まで千円単位で選択できます。
・加入や脱退も自由に選択できます(脱退時に一時金はありませんが、将来年金として支給されます)。
・認定農業者等の一定の要件を備えた方は保険料に対して、国庫補助を受けることができます。
・終身年金ですので、一生涯年金を受け取れます(もし80歳前に亡くなられた場合は死亡一時金が遺族に支給されます)。
・公的年金ならではの税制上の控除があります。支払った保険料は全額所得税の社会保険料控除の対象となります。
加入条件:次のすべてに該当する方
・60歳未満の国民年金第1号に加入している方
・年間60日以上農業に従事する方
加入方法:申込先窓口で手続きしてください。
問合せ・申込み:農業委員会事務局
【電話】内線631・632

■郷土資料館梅津会館所蔵資料展「昔のくらし」
戦後の技術の進歩により生活はより便利に変化した一方、先人たちの生活の知恵や技が失われつつあります。今回の展示では、所蔵されている黒電話や白黒テレビ、蓄音機など、明治から昭和にかけての道具を展示し、当時の暮らしの様子を紹介します。
とき:11月17日(火)~令和3年1月17日(日)午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
*月曜休館(祝日の場合は開館し、翌平日休館)。詳細は、市ホームページをご覧ください。
ところ:郷土資料館梅津会館
入館料:無料
同時開催:「昔のあそび」をやってみよう
1階サロンに、あやとり・お手玉・福笑い・けん玉・メンコなど、昔から行われているあそびを集めました。ぜひ遊びにきてください。

問合せ:文化課文化振興係
【電話】72-3201

■リサイクルブックフェア
リサイクル用の図書や雑誌を無料で差し上げます。
とき・ところ:
・12月12日(土)午前9時30分~午後2時30分図書館本館
・12月15日(火)~18日(金)午前9時30分~午後5時図書館本館・各分室のリサイクルブックコーナー

問合せ:図書館本館
【電話】72-5555

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

案内(3)

4/14

茨城県常陸太田市

■県最低賃金が「時間額851円」に
県最低賃金は、10月1日から時間額851円(2円引き上げ)に改正されました。雇用形態にかかわらず、県内で働くすべての労働者に適用されます。詳しくは、お問い合わせください。

問合せ:茨城労働局賃金室
【電話】029-224-6216

■グランドピアノ開放
未来のピアニスト育成のため、2台のピアノでたっぷり演奏できる新たな枠「アンダー30」を設けました。
とき:12月18日(金)~20日(日)午前10時~午後5時
ところ:パルティホール
対象:市内に居住または通勤・通学している方および同居するその家族
*申し込みは、1人または1グループにつき1枠に限ります。

▽一般
利用時間:1枠45分
利用料:1枠500円
申込開始:11月29日(日)午前10時
申込方法:窓口で申込書に利用料を添えてお申し込みください。

▽アンダー30
対象年齢:30歳以下
利用時間:1枠105分
利用料:1枠1千円
申込期間:11月1日(日)~15日(日)
申込方法:パルティホールのホームページからお申し込みください(抽選で5枠まで)。
問合せ・申込み:パルティホール
【電話】73-1234

■「再発売」スペース・ファンタジー・ライブ・プラス
withコロナ時代にこそ求められる生命の輝きを映像と言葉と音楽で響かせる、壮大なコラボレーションライブです。
*3月8日に予定していた公演の延期公演です。チケットをお持ちの方はそのままご入場ください。
とき:令和3年2月7日(日)午後3時開演
ところ:パルティホール
出演:高橋真理子(宙先案内人・語り)、小林真人(ピアノ)、山本晶子(パーカッション)、跡部浩一(アトベー博士)、遊星寿々(DJプラネタリウム)
料金:全席指定一般1千円、高校生以下500円
*未就学児入場不可
発売開始:11月15日(日)
*パルティホールでの発売初日は午前10時から電話予約のみ。窓口販売は残席がある場合のみ17日(火)午前9時から。

▽同時開催 一緒に創ろう!宙があるまち
小中学生が星空や宇宙に感じる想いを絵や文章で表現した作品をロビーに展示します。優秀作品はライブ本番のプログラムでも紹介、最優秀賞は舞台で表彰します。

問合せ:パルティホール
【電話】73-1234

■ベネッセの英語コンサートEnglish Concert for Kids 2020『WELCOME TO SNOW PARADISE!』
この冬はしまじろうと一緒に特別な英語体験をしてみませんか。クリスマスソングにのって全身で英語を楽しめるので、初めてのお子さんでも安心です。
とき:12月5日(土)(1)午前11時15分、(2)午後1時45分、(3)午後4時15分
*開場時間は各45分前、上演時間は休憩を含め約75分間です。
ところ:パルティホール
料金:3100円(会館特別価格)
*3歳以上有料。3歳未満は保護者1人につきお子さん1人までひざ上無料。席が必要な場合は有料。
チケット:窓口・オンラインで販売しています。

▽パルティホール事業について
感染症対策など事前にホームページでご確認ください。

問合せ・申込み:パルティホール
【電話】73-1234

■秋季市民将棋大会
とき:11月15日(日)午前9時受付
ところ:生涯学習センター
対象:市内に居住または通勤通学をしている方
参加料:
・一般の部(高校生以上)…1300円
・小中学生の部…500円
持参する物:昼食・飲み物
参加方法:当日受付に参加費を添えてお申し込みください。

問合せ:常陸太田一歩会 後藤
【電話】76-1329

■県立歴史館特別展I  Jomon Period‐縄文の美と技、成熟する社会‐
縄文の人びとが残した優品の数々を紹介するとともにそこから見えた人びとの交易・交流の様子をさぐり、縄文社会の実像に迫ります。
開催時期:11月29日(日)まで
*月曜休館(祝日の場合はその翌日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般610円、満70歳以上300円、大学生320円、高校生以下無料
*11月13日(金)は全ての方入館無料

問合せ:県立歴史館
【電話】029-225-4425

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

案内(3)

3/23

京都府亀岡市

◆魚類観察会
亀岡市では、地元自治会や土地改良区など多くの人の協力のもと、市の魚アユモドキの保全活動に取り組んでいます。
アユモドキをはじめとする魚類などの生息環境や生態などについて学んでいただきます。
日時:10月10日(土) 午前9時~11時
※雨天の場合、実施内容を変更する場合があります。
※雨天中止の判断は、当日午前7時時点で行います。
集合場所:旧商工会館
実施場所:曽我谷川中島橋上流
対象:亀岡市に在住する小学生の親子(必ず保護者同伴でお願いします)
定員:10組(先着順)
受付期間:9月25日(金)~10月2日(金)
持ち物:飲み物、帽子、着替え、長靴またはウォーターシューズ
実施内容:魚類などの観察会を行います。その後、サンガスタジアムby KYOCERAへ移動し、アユモドキの観察などを行います。
※網などの道具はこちらで用意します。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、当日はなるべく距離を保ちながら活動していただきますようご協力をお願いします。

申込み・問合せ:亀岡市保津地域アユモドキ保全協議会事務局(市役所1階8番窓口環境政策課)
【電話】25-5023
(環境政策課)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU