ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

情報ガイド 保健福祉 1

10/18

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■国民健康保険証兼高齢受給者証の送付
国民健康保険に加入している70歳以上75歳未満の方には、医療機関に支払う自己負担の割合を示した高齢受給者証が交付されます。自己負担の割合は、平成29年中の所得に応じて判定し、2割(昭和19年4月1日以前に生まれた方は、特例措置により1割)または3割(現役並みの所得がある方)となります。
平成30年度から被保険者証と高齢受給者証が1枚のカードになりました。
◇ 昭和18年8月2日から昭和23年8月1日までに生まれた方
平成30年8月1日から有効となる保険証兼高齢受給者証を、7月中旬に送付します。
◇昭和23年8月2日以降に生まれた方
満70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方はその月)から、保険証兼高齢受給者証に記載された負担割合で医療を受けられますので、誕生月(1日生まれの方は前月)の下旬に送付します。
※社会保険に加入している方には、加入している社会保険から高齢受給者証が交付されます。
※70歳以上75歳未満の方であっても、後期高齢者医療制度に加入している方は除きます。
問合せ:国保年金課(【電話】232・9526)

■外国籍の方の国民健康保険
外国籍の方で、市内に住民登録しており、社会保険などの健康保険に加入していない方は、水戸市国民健康保険に加入してください。
また、年度の途中で在留期間の満了を迎える方で、期間の更新をした方には、有効期限を延長した新しい保険証を発行します。在留カードを持参のうえ、窓口で手続きをしてください。
申込み・問合せ:国保年金課(三の丸臨時庁舎内、【電話】232・9526)へ

■後期高齢者医療保険料が確定しました
普通徴収の方には、7月中旬に納入通知書を送付します。第1期の納期限は、7月31日(火)です。すでに口座振替の手続きをしている場合は、口座からの引落としになります。納期限内であれば、コンビニエンスストア、ゆうちょ銀行でも納付できます。
特別徴収(年金天引き)の方には、10月以降に年金から天引きされる額を記載した通知を、7月下旬に送付します。
問合せ:国保年金課(【電話】232・9528)

■後期高齢者医療被保険者証の送付
現在使用している被保険者証の有効期限は、7月31日(火)です。8月からの新しい被保険者証は、7月下旬に送付します。自己負担の割合は、前年の所得に応じて判定します。
問合せ:国保年金課(【電話】232・958)

■家族介護慰労金
7月1日現在、市内に住所を有し、平成30年度住民税非課税世帯の方で、在宅の高齢者を常時介護している家族の方に、介護慰労金を支給します。
高齢者の要件:次のすべてに該当する方
(1)市内に住所を有する昭和28年7月31日以前に生まれた方(平成30年7月31日以前に死亡した方を除く)
(2)平成30年度住民税非課税世帯の方
(3)平成29年と平成30年の7月31日に、「要介護4・5」と認定されている方
(4)平成29年8月1日〜平成30年7月31日に介護保険サービス(1週間までのショートステイの利用を除く)を受けておらず継続して3か月以上の長期入所・入院をしていない方
支給額:10万円
申込み・問合せ:8月1日(水)〜31日(金)に、直接、高齢福祉課(三の丸臨時庁舎内、【電話】232・9174)へ

■介護保険負担割合証の送付
要介護・要支援認定を受けた方全員に、サービス利用時の利用者負担(1割から3割)を定める介護保険負担割合証を送付します。8月1日(水)以降に介護サービスを利用する際、事業所に提示してください。
問合せ:介護保険課(【電話】232・9177)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU