ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

水戸市植物公園 温室・植物物語

16/21

茨城県水戸市 クリエイティブ・コモンズ

■第3話 真夏の人気者 ~ウツボカズラ~
お風呂のようなムシムシとした暑さが大好きな植物があります。ウツボカズラ(ウツボカズラ科ウツボカズラ属)です。ウツボカズラは、葉が変形した大きな袋(補虫袋)を持ち、それが落とし穴になって虫を捕らえ、消化し、自分の栄養にしてしまう食虫植物。観賞大温室では、池の上に展示しています。
フィリピンのミンダナオ島のみに分布する固有種のネペンテス・トランカータは、ウツボカズラの一種。縁が赤褐色の縞(しま)模様で、30cmもある大きな捕虫袋を持ちます。また、たくさんの袋がつき、真っ赤な捕虫袋を持つのは、人気園芸種のネペンテス・レディラック。補虫袋は、色も形もさまざまです。
自由研究などに、食虫植物の虫の捕らえ方を調べたり、個性的な姿を絵に描いたりしてみませんか。食虫植物は面白い魅力が満載です。

植物公園園長 西川綾子

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU