ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

行政情報 Government Information《平成31年度予算》

3/32

茨城県稲敷市

平成31年度稲敷市一般会計、特別会計、水道事業会計、下水道事業会計の当初予算の概要をお知らせします。詳細は市ホームページに掲載してありますので、ご覧ください。

■予算規模
一般会計の予算額は218.7億円で、前年度と比較して1.3%増となっています。平成31年度より公営企業会計に移行した下水道事業会計への負担金・補助金が皆増となったことによるものです。特別会計予算の合計額は103.5億円で、前年度と比較して17.7%減となっています。公営企業会計を含むすべての会計の当初予算額は369.8億円となり、前年度と比較して4.4%増となっています。

■予算の基本的な考え方
1.子どもたちの笑顔あふれるまちづくり
市の未来を担う子どもたちが元気でたくましく育ち、市に愛着を持てる取り組みを第一に、子育て・教育環境の充実について事業を推進していきます。

2.ゆうゆう安心・安全に暮らすまちづくり
防災計画等に沿った事業を実施し、市民の生命と財産を守る地域防災の充実を進めていくこととし、実効性があり効果的な事業を推進していきます。

3.健全な自治体運営の推進
「公共施設等総合管理計画」等により総合的かつ計画的に、財源を確保しながら推進していきます。また、平成26年度に策定された稲敷市第3次行政改革大綱(H27〜H31)および稲敷市第3次行政改革実施計画に基づき行財政の効率化を図ります。

■一般会計歳入予算概要
予算額は、前年度と比較すると2億8千万円の増額となっています。増加する主なものは、「市税」で対前年度比で約1億5千2百万円増加と見込んでいます。一方、財源不足を補うために、財政調整基金繰入額を前年度より5億円増額で予算計上しています。

■一般会計歳出予算概要
性質別予算の対前年度比において増加している主な費目は、「補助費等」と「扶助費」です。補助費等については、下水道事業への負担金・補助金の皆増、扶助費については、新設民間保育園2園への負担金が影響しています。減少している費目の中で大きいものは、「繰出金」と「普通建設事業」です。繰出金については、公共下水道と農業集落排水への繰出金の皆減が主な要因となっています。また、普通建設事業費については、公共施設再編費および道路橋梁費の減が影響しています。

■一般会計歳入

■一般会計歳出

■一般会計の主な施策
▽輝く未来のための投資
桜川小学校新設工事…8億1441万円
産業拠点地区開発推進事業…1億0093万円
合併特例債対象事業費…2000万円
農業経営基盤強化促進事業…8368万円

▽市民目線での行政サービスの向上
第二次稲敷市総合計画見直し策定支援業務…700万円

▽市民等とともに歩むまちづくりの推進
稲敷市地域おこし協力隊員起業支援補助金…300万円

■会計全体

※1万円未満を四捨五入してあります。そのため合計額が合わない場合があります。

■上下水道事業

問合せ:稲敷市財政課
【電話】029-892-2000(内線2624)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU