文字サイズ
自治体の皆さまへ

フォトニュース

17/27

茨城県稲敷市

《トピック1》
■「第5回稲敷市長旗争奪野球大会」兼「第13回JABA関東クラブ選手権茨城県大会」
9月12日・13日・19日に、稲敷市桜川総合運動公園野球場で茨城県内の社会人硬式野球チームによる第5回稲敷市長旗争奪野球大会兼第13回JABA関東クラブ選手権茨城県大会が開催されました。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から無観客での試合となりました。
茨城ゴールデンゴールズの選手たちは、ベンチからの声援や気迫溢れるプレーで奮闘しましたが、惜しくも準決勝で敗れてしまいました。

▽試合結果
優勝…全鹿嶋野球倶楽部
準優勝…鹿島レインボーズ
第3位…茨城ゴールデンゴールズ、全神栖硬式野球倶楽部

《トピック2》
■バレーボール 県大会優勝
10月24日、25日に開催された「令和2年度茨城県小学生バレーボール選手権大会男女混合の部」において、稲敷市スポーツ少年団所属のWinkが見事優勝し、関東大会への切符を手にしました。関東大会は11月29日に神奈川県海老名市で行われます。今後のさらなる活躍に期待します。

《トピック3》
■令和2年度シルバーリハビリ体操指導士感謝状贈呈
長年、高齢者の健康づくりに貢献したことが認められ、茨城県からシルバーリハビリ体操指導士感謝状が県内347名の指導士に贈呈されました。稲敷市からは12名の指導士に贈呈されました。今後も指導士として、多くの高齢者に、元気と生きがいを与え、介護予防に貢献してくださることを期待しています。おめでとうございます。

《トピック4》
■生涯学習講座「おしゃれなマスクを作ってみよう!」
9月から10月にかけて、全4回の生涯学習講座「おしゃれなマスクを作ってみよう!」を開催。各回10名程度が参加し、講師に浅野育子先生を招き、おしゃれなマスクを作りました。受講生からは「久しぶりに針を握った。楽しかったので裁縫を趣味にしたい」「色々な柄の布で作り、マスクをファッションとして楽しみたい」と意欲ある声が上がりました。

《トピック5》
■地域づくり拠点「公民館」ってなに?
10月15日に桜川公民館、10月30日に新利根公民館で、(一社)とちぎ市民協働研究会代表理事の廣瀬隆人先生を講師に招き、「公民館っていったいなに?なにするところ?活動編」が開催されました。「人をつなげる接着剤…公民館」「人のつながりは友人等を増やすこと…地域づくり」などテーマごとに笑いを交えたわかりやすい内容で、参加者は理解を深めたようです。

《トピック6》
■フードバンク学習会
10月6日、市役所で、NPO法人フードバンク茨城の理事、野末篤先生を講師に招き、フードバンク学習会が開催されました。フードバンク活動や日本の貧困についての事例や課題等を説明していただきました。受講者は、活動や現状だけではなく、その重要性を学習することができました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU