ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成から令和へ

3/28

茨城県筑西市

新たな元号が「令和」に変わり、新時代の幕開けとなります。平成17年3月28日に1市3町が合併して誕生した筑西市は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災などの自然災害を乗り越え、県西地域の拠点都市として発展を遂げてきました。
今月号では、新しい時代への期待とともに、筑西市の平成史を振り返ります。

平成17年
3月:下館市、関城町、明野町、協和町が合併し「筑西市」が誕生

平成18年
3月:市の木「さくら」、花「なしのはな、コスモス」、鳥「つばめ」に決定
8月:「NHKのど自慢」下館総合体育館から全国へ生放送

平成19年
1月:岡山県高梁市と友好都市提携協約の再締結
10月:デマンドタクシー「のり愛くん」運行開始
10月:第13回全国報徳サミット筑西市大会

平成20年
4月:住民参加型まちづくりファンド事業開始
8月:女性消防団が発足

平成21年
4月:筑西市はぐくみ医療費支給制度開始
12月:小栗内外大神宮が国の重要文化財に指定

平成22年
2月:県内で初めてとなる消防団機動部隊発足
6月:非核平和都市宣言

平成23年
3月:東日本大震災発生 市内で震度6強を観測
9月:男女共同参画都市宣言
11月:市民病院新病棟(50床)が完成、通常診療再開

平成24年
5月:玉戸地内から蓬田地内に至る地域で竜巻発生
8月:筑西市マスコットキャラクター「ちっくん」誕生
12月:ケーブルテレビ放送開始(下館地区)

平成25年
3月:下館駅周辺のバリアフリー化事業完了
8月:筑西市ご当地ナンバープレート(原付50cc以下)交付開始

平成26年
1月:新川島出張所開所
9月:協和総合庁舎開庁
10月:国道50号下館バイパス全線開通

平成27年
1月:下館学校給食センター完成
3月:筑西市誕生10周年記念式典を開催
8月:筑西市オールロケ映画「十字架」市内限定先行上映会開催
9月:関東・東北豪雨で鬼怒川が溢水。川島、船玉地区で被害
12月:浅草の商業施設「まるごとにっぽん」にPRブースを設置

平成28年
1月:マイナンバー制度がスタート
10月:広域連携バス運行開始(下館駅~筑波山口)

平成29年
2月:市役所スピカ新庁舎開庁、ちっくんひろばオープン
3月:明野支所新庁舎開庁

平成30年
10月:茨城県西部メディカルセンター、筑西診療所開院
10月:県内自治体で初めてとなる「手話言語条例」成立

平成31年
3月:市道田宿・猫島線が全線開通

令和元年
夏:道の駅「グランテラス筑西」オープン
9月:いきいき茨城ゆめ国体開催 筑西市は「剣道」競技会場
11月:第25回全国報徳サミット筑西市大会

■市民のみなさんと「心を寄せ合って」市政運営に全力
筑西市長 須藤 茂

「令和」という元号は、日本最古の歌集である「万葉集」の文言から引用され、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められています。響きがとても美しく、すばらしいと感じています。
この歴史的な転換期に、本市においても道の駅「グランテラス筑西」の開業や「いきいき茨城ゆめ国体2019」、「第25回全国報徳サミット」の開催など大きな事業が予定されています。
新しい時代が平和で穏やかに、市民のみなさんが夢や希望をもって暮らせるよう、私も全力で市政運営に取り組んでいきますので、今までにも増して、ご支援とご協力をよろしくお願いします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU