ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度 行方市の当初予算<2>

3/33

茨城県行方市

◆歳出
義務的経費のうち人件費は職員数の減少に伴い、688万円(前年度比▲0・2%)減の29億564万円を計上しました。
扶助費は子ども・子育て関係経費の増加により、7566万円(同+2・6%)増の29億4282万円を計上しました。
公債費は学校統廃合事業の元金償還が開始したため、4844万円(同+2・7%)増の18億6820万円を計上しました。
投資的経費のうち、普通建設事業費等は通学路整備事業が整いつつあることから、1億4396万円(同▲7・2%)減の18億6051万円を計上しました。
補助費等は農林関係補助金事業等の減少により、5024万円(同▲3・1%)減の15億8673万円を計上しました。

◆一般会計の歳出


◆平成31年度行方市の主な事業
●総務部
用地管理事業238,421千円 統廃合に伴い発生した学校施設の解体工事を計画的に進め、借地解消および利活用

●企画部
新公共交通システム事業79,210千円 地域公共交通の整備拡充および再編
防災対応型エリア放送整備事業148,029千円 防災対応型エリア放送「なめがたエリアテレビ」の視聴世帯の拡充

●市民福祉部
障害者福祉サービス事業714,672千円 障害福祉サービスを必要とする人のために、日常生活や社会生活に必要なサービスを提供
子ども・子育て支援事業991,800千円 地域の子育て環境の充実を図り,保護者が安心して子育てできる環境を整備

●建設部
通学路整備事業113,500千円 児童・生徒の通学の安全を図り、地域住民も安全で安心して利用できる通学路の整備
道路維持補修事業324,162千円 道路・水路等の維持補修および橋梁補修設計・定期点検を行い、道路の安全確保
公共下水道整備事業369,920千円 生活環境の保全および公衆衛生の向上を図り、老朽化した施設の長寿命化、耐震化

●経済部
なめがた農産物販売促進事業14,372千円 行方市の農産物の宣伝活動、食と農の魅力を発信し、販売促進とブランド化
塵芥処理事業253,123千円 可燃ごみを法令を遵守し,安定的な焼却処理および資源ごみのリサイクル

●教育委員会
ICT教育推進事業73,402千円 次期学習指導要領に導入される「プログラミング教育」に対応
給食センター運営事業271,914千円 発育期にある園児・児童・生徒の健康増進と体位向上を目的に栄養バランスのとれた給食の提供

●水道
施設整備事業155,805千円 大規模地震などの災害時における断水被害の影響を最小限に抑えるため、耐震化対策や老朽化対策などの施設整備

問い合わせ:財政課(麻生庁舎)
【電話】0299-72-0811

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU