ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

南島原市国際交流員 サーラのCuriositá!!(クリオスィタ)♥南島原 「1月6日」

11/28

長崎県南島原市

※Curiositáは「プチ情報」という意味

日本では大晦日から正月にかけて、一大イベントがありますが、イタリアでは、“1月6日に2つの祝日”がありますので紹介したいと思います。
一つは「エピファニーア」です。
これは、イエス・キリストの誕生を祝って、東方の三賢士が来訪した際に、キリストが公に姿を現したことを記念する祝日です。
もう一つは、「ベファーナ」というお祭です。これは、言い伝えによると、東方の三賢士が旅の途中に老婆と出会い、一緒にキリスト誕生を祝いに行くように頼みましたが、どうしても行けない用事があり一旦断りました。直後にその行動を後悔した老婆はお菓子を持って三賢士を追いかけました。しかし、どうしても見つからなかったので、途中の家々に一軒ずつ寄って、「ここにキリストがいるかも知れない」と思いながらお菓子を配ったのが始まりとされています。
また、「ベファーナ」とは「エピファニーア」が変化してできた言葉であり、それは、頭に大きなスカーフをかぶった、古くてぼろぼろの服を着ているおばあさんのことを意味します。
このことから、ハロウィーンの邪悪な魔女と誤解されてしまいがちですが、実はとても心優しいおばあさんなのです。彼女は、5日の夜から6日の未明にかけて、子供たちがいる家々を周り、暖炉やベッドに下げられた靴下にお菓子を入れていきます。その年にお利口にしていた子どもには、おいしいお菓子や小さいおもちゃを配りますが、一方で、そうでない子どもには、ニンニクや木炭の形をした硬いお菓子を配ります。
また、イタリア北部では「ベファーナ」は、ボロボロな服を着た老婆であることから、旧年を象徴するものとされ、古いものを燃やすことで新年を祝う祭事を行います。したがって、子どもたちにお菓子を配ることはせず、木や麦わらを使った人形にお菓子を詰め、ボロボロの服を着せ、それを子供が燃やすことで新しく来た年を祝います。
このように、地域によって祝い方の違いはありますが、イタリアの子どもたちにとっては、学校が始まる前の楽しみにしている祝日です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階