文字サイズ
自治体の皆さまへ

Town Topics まちのできごと

15/32

長崎県新上五島町

■2/5長寿100歳おめでとうございます!
グリーンヒルかみごとうを利用されている武石ヨシノさんが100歳の誕生日を迎えられました。
武石さんは、大正10年2月5日、北魚目地区でお生まれになりました。手先が器用で和裁が得意だったそうです。
ご家族の方にお話しを伺ったところ、「頭が良く、手先が器用で温厚なお母さん」とおっしゃっていました。これからも、末永くご健康に過ごされますようお祈り申し上げます。

■2/9「童話の花束」を寄贈していただきました!
上五島石油備蓄株式会社上五島事業所から、今年も『童話の花束』を寄贈していただきました。『童話の花束』は、ENEOS(エネオス)グループが、毎年「心のふれあい」をテーマにオリジナルの創作童話を募集している「ENEOS童話賞」の受賞作品を一冊の童話集にまとめたものです。
今回寄贈いただきました250冊は、町立保育所、認定こども園、幼稚園、小学校、中学校、町立図書館、こども発達センター、子育て支援センター、児童館において、大切に活用させていただきます。

■2/23長寿100歳おめでとうございます!
介護老人保健施設つくしの里に入所されている浦田ミヨさんが100歳の誕生日を迎えられました。
浦田さんは、大正10年2月23日、鯛ノ浦地区でお生まれになりました。
長年ご一緒に生活されておりましたご家族にお話しを伺ったところ、「しつけに厳しく、口うるさかったけど、苦労して育ててもらって感謝しています」とおっしゃっていました。
これからも、末永くご健康に過ごされますようお祈り申し上げます。

■3/2長寿100歳おめでとうございます!
養護老人ホーム朝海荘を利用されている鰐口優(わにぐちまさる)さんが100歳の誕生日を迎えられました。
鰐口さんは、大正10年3月2日長崎市でお生まれになりました。旧奈良尾町で父親と一緒に船大工として働かれたそうです。
ご本人に長寿の秘訣を伺ったところ、「好き嫌いなく、何でもよく食べること」とおっしゃっていました。
これからも、末永くご健康に過ごされますようお祈り申し上げます。

■2/19中五島高校から寄付をいただきました!
中五島高等学校3年の濱﨑結衣さんらの訪問を受けて、模擬会社「Reborn」の売り上げの一部を、寄付としていただきました。
社長の濱﨑さんたちは「生徒の役割分担や、どのような人をターゲットとするかを考えることが難しかったが、とても勉強になり、楽しく活動することができた。地域の人たちの温かさも感じた」と話しました。
町長からは「協力して知恵を出し、一生懸命頑張って得た貴重な利益を寄付いただき感謝しています。大切に活用させていただきます」と同校へ感謝状を贈呈しました。

■2/28“ありがとう、浜ノ浦小学校”想い出は心の中にいつまでも
浜ノ浦小学校で閉校記念式典が行われました。同校は、明治7年に第五大学区第五中学区浜ノ浦小学校として創立され、浜ノ浦小学校(昭和22年)になって以後、本年度も含めこれまでに1,629人が卒業。令和3年3月をもって147年の歴史に幕を閉じることになりました。
在校児童13名をはじめ、卒業生や地域の方々など関係者が出席し、入江校長から山本教育長へ校旗返納、学校敷地内に建てられた閉校記念碑の除幕式が行われました。式典後は、閉校記念事業推進委員会主催によるお別れの会が開かれ、児童による故郷の魅力を紹介する発表をはじめ、児童と卒業生との合唱や地域有志による力強い郷愛太鼓が披露されるなど、閉校する学校に感謝するとともに別れを惜しみました。
また、令和3年3月をもって、魚目幼稚園も休園することになりました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU