文字サイズ
自治体の皆さまへ

[Nagayoの情報通](2)

6/44

長崎県長与町

■中学3年生からの熱いメッセージ!
-第20回長与町中学校弁論大会-
6月30日に町民文化ホールで開催されました。会場では、町内3中学校の3年生と弁士11名の保護者の方が観覧するなか、各学級の代表11名が、日常生活の中で、何を感じ、考えているのか、未来や社会への提言、自らの夢や希望を自分の思いを豊かに表現しました。
審査の結果、長与第二中学校の高濵咲愛さんが最優秀賞に選ばれました。高濵さんは、「言葉の影響力」という演題で、自身の経験とSNS上で起こる誹謗中傷への考察から、直接伝える言葉もネット上に書き込まれる言葉も同じように人を変えるだけの影響力を持っており、それを自覚して傷つく人を少なくしたい、言葉の影響力を良い方向に生かしていきたい、と伝えました。また、優秀賞には長与中学校の髙野咲佳さん「多様性を認める世の中」が選ばれました。お二人は、8月24日(水)に、佐世保体育文化コミュニティセンターで行われる「少年の主張長崎県大会」への出場候補として推薦されました。そのほかの入賞者は以下のとおりです。
※入賞者は本紙またはPDF版をご参照ください。

■「平和コンサートinながよ」アウトリーチコンサートを実施しました!
「平和コンサートinながよ」の一環としてアウトリーチコンサートを町内の小中学校3校で実施しました!(6月27日:洗切小学校、6月29日:長与中学校、高田中学校)。「アウトリーチ」とは「手を伸ばす」という意味で、演奏家が観客の元へ出向き、音楽に触れる機会を提供することを目的としています。
「平和コンサートinながよ」に出演する「長崎OMURA室内合奏団」のプロの演奏家4人が、小中学校の体育館で、多彩な演奏を披露しました。普段接することのない生の演奏に、児童生徒の皆さんは興味津々で、熱心に聞き入っていました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU