ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

猶予制度徴収猶予の「特例制度」について

18/38

長野県白馬村

■新型コロナウイルス感染症の影響により村税の納税が困難な方に対する猶予制度徴収猶予の「特例制度」について
新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方は、1年間、村税を猶予・履行延期することができます。

◆対象となる方
次の要件いずれも満たす納税者が対象になります。
1.新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1ヶ月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
2.一時に納付し、または納入を行うことが困難であること。(*1)
*1 一時に納付し、または納入が困難な場合とは、少なくとも半年先までの資金計画をしたときに納税が出来るか不透明な場合を想定しています。

◇想定される個別事情の例
・納税者が営む事業について、新型コロナウイルスの影響で来客数が激減し、廃止また休止を余儀なくされた
・納税者が営む事業について、新型コロナウイルスの影響で受注が激減し、利益の減少等により著しい損失を受けた
・新型コロナウイルスの影響で自宅待機を余儀なくされ、給料が著しく減少した

◆対象となる税金
令和2年2月1日~令和3年1月31日までに納期限が到来する次の村税・村県民税・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税・法人村民税
上記のうち、すでに納期限が過ぎている村税についても、遡ってこの特例を利用することができます。

◆申請手続き
関係法令が施行された日から2か月後(6月30日)、または各税目の納期限(納期限が延長された場合は延長後の納期限)のいずれか遅い日までに申請が必要です。
徴収猶予申請書、上記要件1.2.を証する書類のほか、収入や預金の状況が分かる資料や収入減少の事実を証する書類、本人確認書類の提出が必要になります。

お問合せ:白馬村役場 税務課
【電話】0261-85-0712

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU