文字サイズ
自治体の皆さまへ

「生ごみ出しません袋」を活用してごみを減らしましょう

4/46

長野県須坂市

下の円グラフからも分かるように可燃ごみのうち63%が生ごみです。中には左の写真のとおり、手つかずの食品も多く含まれています。
生ごみを減らせば、ごみ袋の削減にもつながり、ご家庭の負担軽減にもなります。また、須坂市におけるごみ処理費用の軽減にもつながります。
生ごみの堆肥化に取り組み、「生ごみ出しません袋」を活用してみませんか。
※写真は広報紙面をご覧ください
○可燃ごみ展開検査結果の重量比(2020年10月)

▼「生ごみ出しません袋」とは
生ごみを堆肥化するなどの自家処理に取り組み、生ごみを可燃ごみとして出さないことを誓約していただいた世帯に、可燃ごみの減量や循環型社会の推進を図る目的で、生ごみ以外の可燃ごみを入れる「生ごみ出しません」宣言世帯専用袋を無料で配布しています。

▼「生ごみ出しません」宣言世帯専用袋の申請
申請期間:5月6日(木)~9月30日(木)(土・日曜日、祝日を除く)
申請場所:生活環境課(窓口7番・本庁舎1階)
持ち物:はんこ
袋の配布枚数:60枚(世帯の人数などは問いません)
※6月に申請すると50枚、以降、毎月10枚ずつ減ります。
袋の大きさ:15ℓ(指定袋の「小」と同じ)
注意事項:
・「生ごみ出しません」宣言世帯専用袋は、生ごみ以外の可燃ごみ専用の袋です(食肉の骨・貝殻など堆肥化できないものは入れられます)。
・「生ごみ出しません」宣言世帯専用袋を使用している間は、原則、可燃ごみの指定袋は使用できません。
・「生ごみ出しません」宣言世帯専用袋は、他人に譲渡できません。
・不正に使用したり、生ごみの自家処理を断念した場合は袋を返納していただきます。

▼段ボールで簡単にできる生ごみ堆肥化
みかん箱程度の大きさの段ボール箱を使って生ごみを堆肥化する簡単な方法があります。堆肥化に必要な基材(ピートモスとくん炭を混ぜ合わせたもの)は生活環境課とエコサポートすざか(旧上高井郡役所隣)※で販売しています。詳しくは生活環境課にお問い合わせください。
※エコサポートすざかは、毎週土・日曜日の午前9時30分~11時30分に開いています。

■食品ロスの削減に取り組みましょう!
食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことを言います。
食品ロスは、飲食店やスーパーなどの事業所や家庭でも発生します。
以下のことに気を付け、家庭でも食品ロスの削減に取り組んでみませんか。
【買い過ぎない】
買い物に行く前に冷蔵庫の中をチェックしましょう。「食べないまま賞味期限切れ」という事態を防ぎましょう。
【切り過ぎない】
調理の際は食べられる部分まで切り落とさないようにしましょう。
【作り過ぎない】
食事などを作る時は、食べきれる量を作りましょう。

問合せ:生活環境課
【電話】026-248-9019

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU