ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

食育通信

10/33

青森県平川市

■学校給食の地産地消 館田地区「ミニトマト」
館田地区の古川将路さんは、お父さんの寛三さんが30年前に始めたミニトマト作りを継いだ2代目です。当時、平賀地域では初めてだったミニトマト栽培に取り組み、たくさん苦労があったことと思いますが、現在では12棟の大きなハウスに「サンチェリーピュア」という品種のミニトマトを栽培しています。

「工夫していることは、初夏から晩秋にかけて出荷できるように3季に分けて育てていること。大変なのは、ハウスなのでとても暑い中で作業をしなくてはならないこと、収穫が間に合わないほどたくさん熟してしまうことです。
給食を食べている平川市の子どもたちには、地元のおいしいものを食べて、元気に育ってほしいと考えて給食にミニトマトを提供することにしました。」とお話ししてくれました。
ミニトマトは8月から11月まで学校の給食で使われるよ!

問合せ:平川市学校給食センター
【電話】44-2835

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU