ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

市からの重要NEWS(1)

13/42

青森県青森市

■青森市景観審議会委員を募集
青森らしい魅力ある景観の形成のため、本市の景観に関する各種施策の審議を行う委員を募集します。
応募資格:本市に住所がある18歳以上のかた/月~金曜日に開催する会議に出席できるかた/本市の他の附属機関の委員、国・地方公共団体の常勤職員、議員、政党の役員・職員、その他政治団体の関係者でないかた
募集委員数:1人
任期:委嘱の日から2年間
会議の開催:年3回程度
報酬:会議1回当たり8千700円
選考:書類審査(面接を行う場合あり)。結果は6月中旬までに応募者全員に通知。
応募方法:5月1日(金)必着で、履歴書と「青森市の景観に対する私の思い(任意様式/400字程度)」を、郵便、Eメールまたは直接、〒030-8555 青森市役所都市政策課へ
【Eメール】toshi-seisaku@city.aomori.aomori.jp

問合せ:都市政策課
【電話】017-752-7977

■あおもりアーツカウンシル 文化芸術創造活動助成対象事業を募集
市民・団体が、市内で行う文化芸術活動に助成します。要件など詳しくは、募集要項をご覧ください。
事業の実施期間:令和2年4月~令和3年2月
助成限度額:50万円
募集期間:4月1日(水)~5月31日(日)
募集要項:あおもりアーツカウンシルホームページに掲載のほか、文化学習活動推進課、各支所・市民センター、浪岡中央公民館、中世の館、リンクステーションホール青森、リンクモア平安閣市民ホール、協同組合タッケン美術展示館などに配置

問合せ:あおもりアーツカウンシル事務局
【電話】017-773-7304

■カラス被害を防ごう
カラス被害を防ぐため、ご協力をお願いします。
●ごみの出し方を工夫する
生ごみは格好のエサ。生ごみを減らし、収集時間を守ってごみを出しましょう。
●給餌しない
カラスが増える原因です。ほかの鳥への給餌もやめましょう。
●巣を撤去する
カラスの繁殖期は3~7月。管理する樹木などを点検し、産卵前に巣を撤去しましょう。
●威嚇行動に注意
ひなを守るため近くを通る人を威嚇します。巣立ちに失敗した場合などは、威嚇行動が長期間続くことがあります。その際はご連絡ください。
●追払い機器の貸出し
カラスの追払い機器(LEDライト、音響機器)を無料で貸し出しています。詳しくは、ご連絡ください。

問合せ:
環境政策課
【電話】017-718-0293
浪岡事務所市民課
【電話】0172-62-1140

■クマの出没にご注意を
ツキノワグマは、本来おとなしい動物ですが、予期せず人に出遭うとパニックを起こし、攻撃してくることがあります。
何よりもクマに出遭わないことが重要です。山菜取りなどで入山の際は、事前に新聞・テレビ・市ホームページなどでクマの出没状況を確認し、危険な場所には近づかないようにしましょう。
また、人里にクマが出没しないよう、生ごみ等は屋外に放置せず、適切に処理しましょう。

問合せ:
環境政策課
【電話】017-718-0293
浪岡事務所市民課
【電話】0172-62-1140

■重大な消防法令違反対象物公表制度
不特定多数のかたが利用する建物に、重大な消防法令違反のある場合、消防本部ホームページで公表しています。安心して建物を利用できるようご確認ください。
事業者のみなさん、このような場合は注意が必要です!
・増築や改築、隣接する建物と接続する場合
・建物に不特定多数のかたが利用する飲食店、物品販売店、社会福祉施設などの用途で新たに入居する場合
・消防本部に防火対象物使用開始の届出をしていない場合
これらに該当する場合は、事前に消防本部予防課へご相談ください。

問合せ:消防本部予防課
【電話】017-775-0853

■食品関係施設への衛生指導などを行います
市保健所では、食品の安全を守るため、毎年度「青森市食品衛生監視指導計画」を策定し、食品関係施設への衛生指導や流通食品の検査等を実施しています。
計画は市ホームページや、市保健所生活衛生課、市役所各庁舎でご覧ください。

問合せ:生活衛生課
【電話】017-765-5293

※イベント等は中止・延期・変更となる場合があります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU