文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度 世論調査結果報告

2/24

静岡県富士市

■皆さんの声を市政に生かす
市は、市民の皆さんの意見や要望を市政に反映させるため、毎年世論調査を実施しています。6月に行った世論調査の結果がまとまりましたので、一部を抜粋してお知らせします。
今回の調査にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。貴重なご意見を参考に、今後の市政運営を行っていきます。
※詳しい調査結果は、各図書館や市ウェブサイトでご覧になれます。
(QRコードは本紙をご覧ください)

テーマ:「富士市に住んで私はこう思う~第五次富士市総合計画の評価に係る市民意識調査~」、「新型コロナウイルス感染症の富士市の福祉への影響について」、「富士市の文化財について」
対象:市内在住の満18歳以上80歳未満の男女3,000人
抽出方法:住民基本台帳から無作為抽出
調査期間:6月14日〜7月5日
調査方法:郵送調査
有効回収数(率):1,707人(56.9%)
※調査結果の比率は、百分率で表示し、小数点以下第2位を四捨五入していますので、合計が100%にならない場合があります。

◆テーマ 富士市に住んで私はこう思う~第五次富士市総合計画の評価に係る市民意識調査~
▽富士市の住みやすさ
Q:あなたにとって、富士市は住みやすい市ですか。
・約6割が「住みやすい」
「住みやすい」が59.6%と最も多く、次いで「どちらともいえない」が24.0%、「たいへん住みやすい」が10.4%となっています。
また、『住みやすい』(「たいへん住みやすい」と「住みやすい」の合計)は70.0%、『住みにくい』(「住みにくい」と「たいへん住みにくい」の合計)は5.6%となっています。

▽富士市での居住意向
Q:今後も富士市に住みたいと思いますか。
・7割以上は「今後も住みたい」
「今後も住みたいと思う」が74.0%と最も多く、次いで「どちらともいえない」が17.8%、「このままでは住みたいとは思わない」が7.8%となっています。

◆テーマ 新型コロナウイルス感染症の富士市の福祉への影響について
▽日頃の生活で感じている悩みや不安
Q:日頃の生活でどのようなことに悩みや不安を感じていますか。(複数回答)
・半数近くは「老後や健康」
「自分や家族の老後」が45.3%と最も多く、次いで「自分や家族の健康」が44.0%、「収入などの経済的なこと」が28.5%、「新型コロナウイルス感染症やその対策など」が25.6%となっています。

▽福祉サービスが必要になったときに、ためらうことや不安なこと
Q:自分自身や家族に福祉サービスが必要になったとき、サービスの利用をためらうこと・不安に思うことはありますか。(複数回答)
・6割は「経済的な負担」
「経済的な負担が心配であること」が60.0%と最も多く、次いで「サービスの内容や利用の仕方が分からないこと」が47.7%、「新型コロナウイルス感染症が心配であること」が19.7%となっています。

◆テーマ 富士市の文化財について
▽「歴史や文化」などの保存・活用の方向性について
Q:富士市の「歴史や文化」などの保存・活用の方向性はどうしたらよいと思いますか。(複数回答)
・約半数は「次世代への継承」
「歴史・文化の次世代への継承」が54.5%と最も多く、次いで「みんながまちを好きになるように歴史・文化を活用(郷土愛を育む)」が38.5%、「イベントなどだけでなく、気軽に接することができる日常生活に寄り添った活用」が26.9%となっています。

問合せ:シティプロモーション課
【電話】55-2736【FAX】51-1456【メール】so-citypro@div.city.fuji.shizuoka.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU