ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

おとなの風しんワクチン接種費用助成・産婦健康診査費用助成がはじまりました

4/17

静岡県御殿場市

◆おとなの風しんワクチン接種費用助成がはじまりました

妊婦さんが風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)を発症した赤ちゃんが生まれる可能性があります。お腹の赤ちゃんを守るために、対象者にワクチン接種費用の一部助成を行っています。

対象者:ワクチン接種費用助成の対象となるか、本紙6ページ掲載のフローチャートで確認してください

助成までの流れ:
(1)風しんワクチンまたは麻しん風しん混合(MR)ワクチンを接種します(医療機関で全額自費支払い)。
(2)保健センターで予防接種費用助成の手続きをします。助成申請後に助成額分を口座へ振込みます。
※申請書は、市ホームページからダウンロードできます。申請手続きは、郵送でもできます。

ワクチンの種類と助成額・回数(どちらか1回のみ):
○風しんワクチン 4,000円
○麻しん風しん混合(MR)ワクチン 5,000円

◆産婦健康診査費用助成がはじまりました

産後の母親の健康管理と経済的負担軽減のため、1月1日から産婦健康診査費用の公費助成を行っています。産後はホルモンバランスの変化や、体の痛み、睡眠不足などで、心身ともに不安定になりやすい時期です。産婦健康診査は体だけでなく心の状態を確認するための大事な健診です。適切な時期に受診しましょう。
助成対象者:1月1日以降に出産した市に住民登録のある産婦
助成限度額:一回5,000円
実施医療機関:
《市内》宮下産婦人科医院、共立産婦人科医院
《市外》県の協定医療機関及び助産院
受診時期・回数:原則、産後2週目と4週目の2回
健診内容:問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、こころの健康チェック表

▽産婦健康診査受診票について
産婦健康診査の助成を受けるためには、産婦健康診査受診票が必要です。母子手帳交付時に受診票を合わせて交付します。すでに母子手帳を交付された出産予定日が1月1日以降の人には事前に送付しています。
県外の医療機関などで受診する場合は受診後に償還払いにより助成します。詳しくは担当課に問い合わせてください。

問い合わせ:健康推進課
【電話】82-1111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル