ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

電気柵を正しく設置して農地を守りましょう

17/28

鹿児島県さつま町

■電線は地面から20cm・40cm
イノシシやシカが感電するのは鼻だけです。体は剛毛に覆われているため電線に触れても気付きません。電線の最下段は地面から20cmの高さになるよう設置しましょう。

■24時間、365日通電が鉄則
稲刈後の二番穂や収穫後の野菜くずは、イノシシなどにとって貴重な栄養源となります。農地に侵入させないことが重要です。
※感電を防止するため「24時間通電」と表示しましょう。

■漏電の原因となるものは撤去
電気柵設置後は管理が重要です。電線に草木等が接触すると漏電の原因となります。定期的な見回りと草払いを実施しましょう。

お問い合わせ先:農政課有害鳥獣対策係
【内線】2424

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU