ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

6/28

鹿児島県霧島市

◆暑さに負けず盛り上がった霧島国分夏まつり
第54回霧島国分夏まつりが7月14・15日、国分の市街地であり、真夏日にも負けず大勢の人でにぎわいました。14日は114の踊り連・約6千人が霧島総踊りに参加。15日は約1tの御輿(みこし)を担いでゴールする時間を競う国分寺御輿競走がありました。両日とも多くの露店が並び、山形屋前などであったダンスバトルやバンド演奏が祭りに花を添えました。国分の曽山光治さん(63)は「御輿競走が毎年の楽しみ。今年も懸命な姿に力をもらいました」と笑顔を見せました。

◆畜産農家で小学生が体験学習
畜産業への理解を深めようと牧之原小学校の5年生で結成する「福山町和牛少年隊」の30人が7月5日、地元の畜産農家3軒で3班に分かれ、牛への餌やりやブラッシングなどの体験学習を行いました。

◆拉致問題の解決を筆に託す
北朝鮮による拉致問題の早期解決を目指す署名・募金活動が7月14日、霧島国分夏まつり会場でありました。国分の梅澤宏文さん(30)は「全員の一日も早い帰国を実現してほしい」と願い署名しました。

◆侍や巫女が地域を巡る神事
無病息災と豊作を祈るため神社のご神体と共に地域を巡る止上(とがみ)神社の御神幸
祭(ごしんこうさい)が7月15日、国分重久であり、侍・巫女姿の住民や青葉小学校の児童ら30人が地域内の7つの公民館を1日かけて巡りました。

◆諦めない心養う1,000m遠泳
学校の25mプールを20往復する遠泳大会が7月11日、横川町の佐々木小学校であり3年以上の児童11人が挑戦。6年の杉田菜織(なお)さんは「最後の2往復がきつかった。足を着かず泳ぎきれた」と喜びました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階