文字サイズ
自治体の皆さまへ

水道管の防寒は大丈夫ですか

5/19

鹿児島県霧島市

水道管の防寒対策をして、凍結による破裂などを未然に防ぎましょう。

寒さが厳しくなる12月から2月は、水道管内の水が凍結、膨張し破裂しやすくなります。
市でも平成28年1月の寒波の影響で、水道管や給湯器の配管が破裂したり、水の出が悪くなったりするなどの被害が多発。業者には3千件を超える修繕依頼がありました。
水道管が凍結、破裂すると、炊事や洗濯、入浴、トイレなど日常生活が不便になるばかりでなく、修繕費などが負担になります。
特に凍結しやすいのは、屋外にむき出しだったり、日が当たらなかったりする水道管です。
寒くなる前に対策を取り、凍結を防ぎましょう。

◇凍結を防ぐには
◦厚手の布やホームセンターなどで売られている水道管用の保温材などを活用しましょう。水道管に巻き付け、その上から布テープなどで縛り、直接外気に触れないようにしてください。
◦蛇口からつまようじ1本ぐらいの水を流し続けると、水が滞らず凍結しにくくなります。(出した分の水道料金は自己負担)
◦給湯器の場合、本体に付いている給水用バルブを閉め、水抜き栓を開け、中の水を抜きます。分からないときは、使用機器の取扱説明書で確認しましょう。
◦旅行や帰省などで長期間、家を不在にする場合は、水道管内の水が滞り、凍結する危険性が高まります。水道の止水栓を閉めて外出するようにしましょう。ほとんどの止水栓は手で開閉できますが、中にはホームセンターで手に入る専用器具が必要な場合があります。事前に止水栓の場所や型を確認しておきましょう。

◇水道管が凍ってしまったら
溶けるのを待つか、凍った部分にタオルなどをかぶせて、ゆっくりとぬるま湯を掛けてください。急に熱いお湯を掛けると、水道管や蛇口が破裂することがあります。
溶けたときに蛇口が開いたままだと、一気に水が流れ出るので、蛇口は必ず閉めておきましょう。

◇水道管が破裂してしまったら
止水栓を閉め、水を止めてください。止水栓が見つからない場合は、布テープなどでいったん水を防ぎ、上下水道部指定の水道業者に修理を依頼してください。
指定の水道業者など詳細は、問い合わせるか市ホームページをご覧ください。
上下水道部指定の水道業者を装った業者が、漏水以外の工事を勧めることがあるので、注意してください。

■水道管の凍結を防ぐ方法
(1)むき出しの水道管。
(2)タオルなどの厚手の布を水道管に巻き付ける。
(3)上から布テープなどで縛り、固定すれば完成。
(4)水道メーター器ボックス内の止水栓を確認。右に回すと水が止まる。

問い合わせ:上下水道部お客様センター
【電話】42-3500

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU