文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康づくりナビ

20/27

茨城県かすみがうら市

■健康づくりコラム
空気が乾燥する季節になり、起床時に喉の痛みを感じる人も多いのではないでしょうか。口呼吸は感染症などのさまざまな健康リスクにつながります。

○ひとつでも当てはまる場合は、口呼吸の可能性あり
[チェックリスト]
・起床時に口臭がある
・起床時に喉が痛い
・起床時に口の中が乾燥している
・口の中が渇きやすい
・唇が荒れている
・唇が渇いている
・いびきをかく
・寝ている間によだれがでている
・集中しているとき無意識に口が開いている

○呼吸をするときの鼻の2つの重要な役割
(1)フィルターの役割
鼻の奥の粘膜上には、びっしり生えた線毛が同じリズムでそろって弓なり運動を繰り返しています。「線毛運動」と呼ばれ、外から入ってきた空気に含まれている細菌やウイルス、花粉、ちりなどの不純物を粘膜でとらえ、外に押し返します。
(2)エアコンの役割
吸い込んだ空気を鼻の中で加温・加湿することによって、体に必要な熱や湿気を取り込んでいます。口呼吸は、気道に空気が直接入るため、細菌やウイルスに感染するリスクが高まります。特に就寝中は長時間、無意識に口を開けたままになります。口が乾燥して唾液が少なくなれば細菌の温床になり、口臭や歯周病悪化のリスクも高くなります。

○口呼吸になりやすい原因は?
(1)風邪やアレルギーによる鼻炎や慢性鼻炎
(2)子どもの場合、アデノイド(咽頭扁桃(いんとうへんとう))が肥大して鼻の通りが悪い
(3)長時間マスクをしていると口の筋肉をあまり動かさなくなり、口輪筋(こうりんきん)などの筋力が衰える。
(1)(2)の場合は、耳鼻咽喉科に相談してみましょう。
口呼吸を防ぐため、日中は口を閉じ鼻呼吸を意識しましょう。特に冬場の乾燥する時期は、ウイルスや細菌の活動も活発になり、感染リスクが高まります。日常的に鼻呼吸を意識し、加湿器で空気を加湿しましょう。こまめに水分補給をして喉を潤し、就寝時は寝床の脇に水筒を置いて水分を取れるようにするなど、工夫して健康維持に努めましょう。

■休日緊急診療当番医 12月
○土浦地区 診療時間…午前9時~正午/午後1時~4時
[内科]
4日 小原内科医院【電話】029-821-1015
11日 烏山診療所【電話】029-843-0331
18日 荒川沖診療所【電話】029-843-0859
25日 小原内科医院【電話】029-821-1015
29日 中高津クリニック【電話】029-824-1212
30日 土浦泌尿器科クリニック【電話】029-828-7625
31日 萩原クリニック【電話】029-832-2111

[外科]
4日 野上病院【電話】029-822-0145
11日 県南病院【電話】029-841-1148
18日 野上病院【電話】029-822-0145
25日 神立病院【電話】029-831-9711
29日 神立病院【電話】029-831-9711
30日 県南病院【電話】029-841-1148
31日 伊野整形外科医院【電話】029-821-6028

○石岡地区 診療時間…午前9時~正午
[小児科]
4日、11日、18日、25日、29日、30日、31日 石岡第一病院【電話】0299-22-5151

○茨城おとな・子ども救急電話相談
受付時間:24時間/365日
救急車の要否や応急手当アドバイス、医療機関案内
おとな:【電話】#7119
子ども:【電話】#8000
つながらないときは【電話】050-5445-2856

■シルバーリハビリ体操 12月
介護が必要な状態にならないように保ち、関節の動きを良くする介護予防体操です。

自宅でもできるシルバーリハビリ体操をYouTubeで配信しています。
※YouTube動画配信は、本紙またはPDF版掲載の二次元コードよりご覧ください。

問合せ:地域包括支援センター
【電話】029-898-9110

問合せ:健康づくり増進課
【電話】029-898-2312

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU