文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

1/36

鹿児島県中種子町

■長年の功績が評価され
叙勲伝達式:鹿児島県庁(令和4年5月9日)

〇松元清人さん瑞宝単光章を受賞
松元さんは、昭和52年1月6日に中種子町消防団に入団してから、中央分団長、町消防団長を歴任し、「町民の生命と財産を守る」という使命の下、勤続年数44年3ヶ月の長きに渡り務めた功績が評価されました。
また、中種子町商工会理事を務め、町政発展にも貢献されました。

〇川下三業さん旭日双光章を受賞
川下さんは、昭和62年4月30日から、中種子町議会議員として4期15年4ヶ月を務め、平成15年4月27日から、中種子町長として3期12年を努めた長年の功績が、地方自治功労として評価されました。
また、在職期間中は、財団法人種子島農業公社理事長をはじめ多様な役職も歴任し、町政発展に尽力されました。

■地理的表示(GI)保護制度登録を報告
安納いもブランド推進本部
3月2日に、『種子島安納いも』が地理的表示(GI)保護制度に登録されたことを受け、4月13日に、生産販売部会副会長の池山朝生さん(栄町)と安納いもブランド推進本部が町に報告を行いました。
池山さんは「産地はサツマイモ基腐病により大変疲弊しています。この度のGI認証により、さらなる生産技術向上と消費者の信頼獲得に繋げ、この困難な局面を乗り切り、産地一体となり品質とブランド力の向上に努めます」と述べました。

■牛翔「ひろみ」号がグランドチャンピオン
町畜産共進会
4月20日に、令和4年度町畜産共進会が種子島家畜市場で開催され、肉用牛第2部に出品した(株)牛翔の「ひろみ」号が、グランドチャンピオンの栄冠に輝きました。
本共進会で、第2部最優秀賞の6頭と、第3部最優秀賞の6頭は、5月10日に行われる、熊毛地区第1次予選に町の代表として出場します。

■わくわく学ぼう
令和4年度『どんぐり学級』開講式
4月26日に、どんぐり学級の開講式がありました。
新しく7人を加えて、学級生19人となり、一年間を通して講話や一日遠足、温泉入浴など多種他様なカリキュラムを受講していきます。
開講にあたり学級長の雨田勇さん(池之向)が、「いろいろなことを学び合うどんぐり学級にしましょう」とあいさつしました。

■グリーン・カレッジキャンプ体験
自然レクリエーション村
5月3日から5日にかけて、熊野の自然レクリエーション村で、放送事業などを手がける「ディスカバリー・ジャパン」主催によるキャンプ体験が開催されました。
小学4年~6年の児童20人が参加し、アウトドアを通じて環境に対する関心を深めながら、キャンプを楽しみました。
また、特別協賛のキャンプ製品メーカー「コールマン」から、テント10張が町に寄贈され、自然レクリエーション村で使用されています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU