文字サイズ
自治体の皆さまへ

宮田達夫新市長 就任あいさつ

3/23

茨城県常陸太田市

このたび5月22日付で常陸太田市長に就任いたしました宮田達夫でございます。就任にあたりまして一言ごあいさつを申し上げます。
副市長として大久保前市長のもと2期7年を務めさせていただき、この度市長の重責を担うこととなりました。副市長在職中には、さまざまな方々よりご支援ご指導を賜り誠にありがとうございました。その経験を活かし今後の市政運営を行って参りたいと考えております。
本市は、四季を通じて穏やかな気候であり、北部は豊かな山々を有し、南部は水田地帯が広がる自然に恵まれ、いにしえから続く歴史や文化を大切にしたまちでございます。
このまちを次の世代につなげていくために、常に先頭に立って情報を発信し、特に次の5つの点につきまして、重点的に施策を進めて参りたいと考えております。
1点目は、「安全安心なまちづくり」でございます。最優先の課題としては,ワクチン接種事業をはじめとした新型コロナウイルス感染症への対応でございます。さらに災害に強いまちづくり、通学路や生活道路の改修、高齢者や児童生徒に配慮した交通手段の確保等にしっかりと取り組んで参ります。また、お父さん方の通勤や、緊急時の対応のため市道0139号線真弓トンネルの整備を促進して参ります。
2点目は、「少子化人口減少対策」でございます。子育て世代のニーズに合った事業展開により「子育て上手常陸太田」をより深化させ、東部地区への大規模商業施設の誘致により、お母さん方の働く場の確保や買い物環境の整備により魅力ある市街地づくりを進め、若者の定住促進や本市を訪れる方を増やして参ります。
3点目は、「健康で快適な市民生活の実現」でございます。各種検診受診率の向上を図り、疾病の早期発見・早期治療につなげるとともに、健康づくりやスポーツを気軽に楽しんでいただき、シニア世代が健康で安心して暮らせるまちづくりに取り組んで参ります。また、トップレベル等の大会を開催することで、スポーツの素晴らしさや感動を実感し、特に子どもたちに自らの夢や目標を育む場となる新総合体育館の建設を進めて参ります。
4点目は、「活力ある産業づくり」でございます。地域振興の担い手である事業者の皆さんに積極的な支援を行い、若年農業者や法人・団体と連携し、地域特性に合った農林畜産業の振興を図ります。また、観光施設のブラッシュアップや、歴史や文化遺産を活用した誘客により、コロナ後の本市への観光客の増加につなげて参ります。
5点目は「行財政運営」でございます。安定した行財政の経営基盤を確立するため、効率的な行政経営に努め、市民の皆様からのご意見を頂きながらより良い公共施設の在り方と財政の健全化を進めて参ります。
ただいま申し上げました各種施策を進めるため市民の皆さんとの対話を大切にしながら、将来を担う若い世代に負担を残すことなく「持続可能な魅力溢れるふるさと・常陸太田」の実現ために、誠心誠意取り組んで参りますので、皆様のご支援とご協力をお願い申し上げ、就任のごあいさつといたします。
宮田達夫

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU