文字サイズ
自治体の皆さまへ

梅津会館だより 寄贈資料のご紹介

15/23

茨城県常陸太田市

郷土資料館では随時、資料の寄贈・寄託を受け付けています。ここでは令和2年度に寄贈いただいた資料から、数点ずつご紹介していきます。

■東一町野辺家(山林堂)資料(令和3年1月寄贈)
野辺家は東一町の街道沿いに面して店を構え、裏手に主屋や石蔵、喫茶店を有していました。明治初期より「山林堂」という菓子店を営み、6代目まで続く長い歴史を持っています。残念ながら令和2年12月に店を畳み、土地・建物を整理する運びとなり、主に石蔵の中におさめられていた資料の一部を寄贈していただくことになりました。

▽水府煎餅の焼型・販売用の箱
山林堂といえば、当地の特産品だった水府煙草の葉を模した「水府煎餅」が思い出されます。
昭和11年、太田町役場建設にあたり多額の寄付をした太田町出身の商人梅津福次郎に対して、当時太田尋常小学校6年生だった山口少年が、感謝の手紙とともに、自分のお小遣いで買った「水府煎餅」を贈ったそうです。添えられた手紙には「御老人様皆々様で食べてください」と書かれていました。なんとも微笑ましいエピソードですね。

資料の寄贈・寄託を検討されている場合は、文化課までご連絡ください。なお、すべての資料をお預かりすることはできませんのでご了承ください(資料の鑑定は行いません)。

問合せ:文化課
【電話】72-3201

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU