文字サイズ
自治体の皆さまへ

【ふるさと魅力発信】天体観測館

23/36

愛媛県久万高原町

■七夕と夏の大三角
梅雨で増水した天の川の水が引き、星空の見やすい時期がやって来ました。今回は小学校4年生で習うとても重要な夏の星のお話です。
まず紹介するのは七夕伝説の織姫様と彦星様。織姫様はこと座の1等星のベガ、彦星様はわし座の1等星のアルタイルと言います。地球からの距離は、織姫様が25光年(1光年…光が1年間に進む距離)、彦星様は17光年です。そしてこの2人の距離は15光年です。七夕伝説ではこの2人は1年に1度だけ会えるというお話ですが、実際には遠く離れた場所にいます。
織姫(ベガ)、彦星(アルタイル)は「夏の大三角」でも有名です。夏の大三角はこの2つの星とはくちょう座の1等星のデネブをつないで作られます。その夏の大三角の間を天の川が流れています。夏の星を見つける目印になるためぜひ探してみましょう。
夏が近づき暑くなってきたので、夜に天の川や夏の大三角を見ながら涼みましょう。また、人気もあるため写真の撮影もしてみましょう。(重藤)

▽学芸員のつぶやき
ちょうど夏至の時期になり、かなり日が長くなりました。夜が短いというとても残念な季節ですが、見える星たちはとても綺麗なものばかりです。暑い夏に備えて楽しく涼みましょう。

問い合わせ:天体観測館
【電話】41-0110【HP】http://www.kumakogen.jp/site/astro/

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU