文字サイズ
自治体の皆さまへ

すこやかハート北九州

16/31

福岡県北九州市

保健福祉の情報をお伝えします

■「とびうめ@きたきゅう」に登録しませんか
市では、市民の皆さんが住み慣れた地域で安心して暮らせるように、医療と介護の連携を進めています。
「とびうめ@きたきゅう」は、市内の医療機関で医療や介護サービス、健康診査などの情報が共有される仕組みです。登録することで、かかりつけ医ではない医療機関に救急搬送されたときも適切で迅速な医療を受けることができたり、医療機関がかかりつけ医やケアマネジャーなどと情報を共有することで、退院するときも在宅生活への円滑な移行が期待できたりといった利点があります。
昨年6月のスタート以来、全市で登録者は増え、現在、2万人を超えています。

◆こんなケースで役立ちました!
〈ケース1〉70代・一人暮らしの女性(要介護認定なし)
お正月にぜんそくの症状が出て、救急外来を受診。かかりつけの診療所は休診中で、家族の付き添いもなく、服薬中の薬が分かりませんでしたが、「とびうめ@きたきゅう」に登録していたことから、処方中の薬が分かり、迅速に治療を受けることができました。また、緊急連絡先になっていた家族にも速やかに連絡ができました。

〈ケース2〉70代・妻と二人暮らしの男性(要支援1)
長年にわたり入退院を繰り返しており、かかりつけ医が分からなくなってしまっていました。しかし、「とびうめ@きたきゅう」に登録したことで、かかりつけ医や病名、処方が入院先の病院で分かるようになり、退院後のかかりつけ医への受診もスムーズになりました。

◆「とびうめ@きたきゅう」で共有される情報や施設は
▽医療機関等で共有される情報
(1)氏名、生年月日、住所、性別と緊急時の連絡先
(2)かかりつけ医や病名、処方されている薬などの医療情報
(3)要介護度や担当ケアマネジャーの事業所名などの介護情報
(4)特定健診(メタボ健診)などの健康診査の結果
※(2)と(4)は、国民健康保険や後期高齢者医療制度の加入者だけ

▽情報が共有される施設
「とびうめ@きたきゅう」に参加する病院や診療所など

◆「とびうめ@きたきゅう」の登録手続きは簡単かつ無料です!
「登録申出書」に、氏名、生年月日、住所、緊急時の連絡先(できるだけ)を書いて申し込むだけです。

登録についての相談は、
▽保健福祉局地域医療課(【電話】093・582・2678)
▽かかりつけ医、訪問看護師、担当のケアマネジャーなどの専門職
▽区役所保健福祉課(介護保険担当)、地域包括支援センター、社会福祉協議会、市民センターなどへ。

問い合わせは保健福祉局地域医療課【電話】093・582・2678

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU