文字サイズ
自治体の皆さまへ

あつぎ郷土博物館連動企画 學藝員のススメ 第38回

16/38

神奈川県厚木市

博物館の学芸員が、あれこれを語り倒すコーナー。

■いとしのバッタ物
槐 真史(えんじゅ まさし)
今回の展示では、昆虫学的なアプローチだけではなく、人との関わりという面からもバッタに迫ってみました。
その一つが、懐かしいブリキのおもちゃです。形が作りやすいのか、親しみがあるのかの議論はありますが、バッタがモチーフのおもちゃは、テントウムシに次いで多いようです。また、日本製おもちゃは、昭和40年ごろまで輸出品の主力だったため、今でも海外のオークションサイトや蚤(のみ)の市で流通しています。写真はブリキ製のバッタで、アメリカのオークションサイトで入手したものです。Made in Japan(メイドインジャパン)の刻印がありますが、調べてみるとアメリカの企業が販売していたようです。
展示会場には、この他にも「バッタ物」の生活道具やおもちゃなどがズラリと並んでいます。懐かしんだり、珍しがったりして楽しんでくださいね。
※写真は本紙をご覧ください。

詳しくは博物館HPに掲載

問合せ:あつぎ郷土博物館
【電話】225-2515

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU