文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療制度 被保険者証の更新と自己負担割合を再判定

17/41

神奈川県 座間市

75歳以上の方などが加入する後期高齢者医療制度の被保険者証の有効期限は7月31日(日)です。新しい被保険者証(桃色)を7月下旬までに転送不要の簡易書留で送付します。
例年、被保険者証の有効期間は2年間ですが、本年は10月1日からの自己負担割合見直しに係る制度改正(2割区分の新設)に伴い、新しい被保険者証の有効期限は9月30日までとなります。なお、10月1日から使用する被保険者証は9月に改めて送付します。

■自己負担割合の判定
医療機関にかかるときの「自己負担割合」は、毎年8月1日にその年度の市町村民税の課税所得によって判定が行われます(図1)。
図1で3割と判定された方で図2の条件を満たす場合、公簿などにより市で収入額が確認できる方には、1割負担の被保険者証を送付します。3割負担の被保険者証が届いた方で、ご自身が図2の条件を満たし1割負担になると思われる場合は、担当へお問い合わせください。


※令和4年度市町村民税の課税所得は、令和3年中の収入金額から公的年金等控除などを差し引いて求めた総所得金額等から、各種所得控除を差し引いて算出されます。


※令和3年中の収入額で判定します。収入額とは、公的年金等控除などを差し引く前の収入金額のことで、所得金額ではありません。所得金額が0円またはマイナスになる場合でも、収入額となります。

問合:県後期高齢者医療広域連合コールセンター
【電話】0570-00-1120
担当:医療課
【電話】046-252-7213【FAX】046-252-7043

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU