文字サイズ
自治体の皆さまへ

おしらせ -2

15/42

兵庫県たつの市

■〜空き家の管理や利活用でお悩みの方へ〜「たつの市空き家相談センター」をご利用ください!!
市内空き家の有効活用を推進していくため、行政と専門家団体が連携して、ワンストップで対応できる総合相談窓口「たつの市空き家相談センター」を開設しており、多くの皆さんからご相談いただいています。空き家所有者の方をはじめ、空き家を管理されている方、将来空き家を相続する予定の方など、空き家の管理や利活用などでお困りの方に対し、利活用のための方策や条件整理について助言・支援を行うとともに、必要に応じて専門家の紹介も行っています。お気軽にご相談ください。

1.相談実績等(R2.4.1〜R3.3.31)
空き家所有者からの新規相談件数:108件
移住購入希望者からの新規相談件数:18件
相談2回目以降の対応件数(継続):886件
空き家バンク登録完了件数:20件
お電話お待ちしています!
※売却、賃貸、解体、相続登記、境界確定、維持管理、市施策の活用等の様々なご相談に対応させていただきます。また、空き家の早期利活用のための制度である「空き家バンク」への登録を促進し、現地調査、関係資料の作成等もお手伝いさせていただいています。

2.空き家相談センターの概要
場所:たつの市龍野町下川原80番地(旧姫路信用金庫川西出張所)
曜日:日曜日、月曜日、火曜日の週3日
時間:9時から16時まで
【電話】78・9220

問合せ:まちづくり推進課
【電話】64・3167

■大雨や台風に注意し、早めの避難行動を!
昨年は、関東や九州地方で台風や豪雨により大雨特別警報が発令されました。幸い本市では、甚大な被害を受けることはありませんでした。これから出水期を迎えるに当たり、市では、災害が起こった際の避難所での「3つの密」を防ぐための取り組みを進めています。みなさんも、気象情報や防災情報の収集などの「災害への備え」や「避難行動」について今一度、考えましょう。自らの命は自ら守る意識をもって、市からの情報や防災気象情報を参考にしながら、適切な避難行動をとってください。

◆いざというときのために確認しておきましょう!
避難行動判断フロー
▽あなたがとるべき避難行動は?
防災マップは浸水や土砂災害が発生するおそれの高い区域を着色した地図です。着色されていないところでも災害が起こる可能性があります。
〇防災マップで自分の家がどこにあるか確認し、印をつけてみましょう。家がある場所に色が塗られていますか?
・色が塗られていない場合:色が塗られていなくても、周りより低い土地や崖のそばにお住まいの人は、市からの避難情報を参考に必要に応じて避難してください。
・色が塗られている場合:災害の危険があるので、原則として、自宅の外に避難が必要です。
例外として、浸水の危険があっても、
・洪水により家屋が倒壊又は崩落してしまうおそれの高い区域の外側である。
・浸水する深さよりも高いところにいる。
・浸水しても水が引くまで我慢できる、水・食糧などの備えが十分にある。
土砂災害の危険があっても、
・十分堅牢なマンションなどの上層階に住んでいる。

上記の場合は、自宅に留まり安全確保することも可能です。

〇あなた又は一緒に避難する人は避難に時間がかかりますか?
□時間がかからない場合
安全な場所に住んでいて身を寄せられる親戚や知人はいますか?
・いる場合:警戒レベル4が出たら、安全な親戚や知人宅に避難しましょう(日頃から相談しておきましょう)
・いない場合:警戒レベル4が出たら、指定避難所に避難しましょう(日頃から防災マップで場所を確認しておきましょう)
□時間がかかる場合
安全な場所に住んでいて身を寄せられる親戚や知人はいますか?
・いる場合:警戒レベル3が出たら、安全な親戚や知人宅に避難しましょう(日頃から相談しておきましょう)
・いない場合:警戒レベル3が出たら、指定避難所に避難しましょう(日頃から防災マップで場所を確認しておきましょう)

◆警戒レベルに応じた「行動を促す情報」が令和3年5月から変更されました
詳細は本紙をご確認ください。

◆新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも災害時には、危険な場所にいる人は避難することが原則です。
【感染リスクを考慮した避難のポイント】
・避難とは「難」を「避」けること。安全な場所にいる人まで避難所に行く必要はありません。
・避難先は、避難所だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難することも考えましょう。
・避難の際は、マスクや消毒液、体温計をできるだけ自ら携行してください。
・避難所の開設状況は、市ホームページなどで確認してください。
・豪雨時の屋外の移動(車を含む)は危険です。やむをえず車中泊をする場合は、浸水しないよう周囲の状況を十分に確認してください。

◆災害情報を入手するには
▽避難情報
テレビ、ラジオ、防災行政無線、緊急速報メール、ひょうご防災ネット、市ホームページ、自主防災組織や近隣住民からの声掛けから情報を入手できます。
▽気象情報
気象警報、台風情報等はテレビやラジオ、気象庁ホームページから、川の防災情報は、国土交通省(川の防災情報)のホームページから入手できます。
▽洪水情報
国土交通省からお手持ちの携帯電話、スマートフォンへ緊急速報メールによりプッシュ型配信されます。
※プッシュ型配信とは、受信者側が要求しなくても配信者側から情報が配信される仕組みです。
▽ご自宅のパソコン、お手持ちの携帯電話、スマートフォンから、下記のホームページを検索してください。
・ひょうご防災ネット
・たつの市ホームページ
・気象庁ホームページ
・国土交通省ホームページ
・川の防災情報
・兵庫県CGハザードマップ

◆防災行政無線自動応答サービス(【電話】63・5454)
防災行政無線が聞き取れなかった場合は、電話による自動応答サービス(【電話】63・5454)で確認することができます。「ロクサンのゴシゴシ」と覚えてください。また、放送内容は、たつの市ホームページに掲載しています。トップページから防災行政無線の放送内容ページを確認してください。

問合せ:危機管理課
【電話】64・3219

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU