文字サイズ
自治体の皆さまへ

保健だより -1

20/40

兵庫県たつの市

■9月は『健康増進普及月間』です~健康な身体づくりは生活習慣から~
長引くコロナ禍で、外出自粛により運動時間や動く機会が少なくなる、食事時間や内容に偏りを感じる方があるかもしれません。
この機会に、生活習慣を見直し、健康な身体づくりに取り組んでみましょう。
(1)まずは自分の身体を知ろう
健康管理の第一歩!体温、血圧、体重測定など家庭でできることから始めましょう。
そして、年に1度健診を受診し、自分の健康状態を知ることが大切です。
(2)生活リズムを整えよう
在宅勤務や不要不急の外出を避けていると、生活リズムが崩れやすく、活動量も減りがちです。自分自身の生活を振り返り、まずは『早寝・早起き・規則的な食事・今よりも多く動く』ことを意識しましょう。
(3)栄養のバランスを整えよう
健康な身体づくりの基本となるのは、毎回の食事に主食・主菜・副菜が揃うことが大切です。
3つのポイントで確認してみましょう。
ポイント1(主食):ごはん(1食茶碗1杯)を中心にとるようにしましょう。
ポイント2(主菜):肉(脂肪の少ない部分を選ぶ)魚(旬の魚)、豆・豆製品(豆腐や大豆など)、卵(1日1個)を揃えるようにし、素材の味を生かして味付けしましょう。また牛乳(1日コップ1杯)もとりましょう。
ポイント3(副菜):野菜(緑黄色野菜は片手1杯、淡色野菜は両手1杯)、芋(100g)を目安に取りましょう。もし、下ごしらえや調理が億劫なときには、冷凍野菜やトマトなど洗って切るだけのものも取り入れましょう。

■健康相談
子育てから生活習慣病予防まで幅広く健康相談を行っています。
とき:平日(月~金)9:00~17:00
ところ:健康課

■播磨姫路小児救急電話相談
相談時間:毎夜間20:00~24:00、休日昼間09:00~18:00(日・祝・8月15日・12月31日~1月3日)
【電話】079・292・4874

■新型コロナワクチンを受けた後も感染予防対策の継続をお願いします。
ワクチンを受けた方は新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、他の方への感染をどの程度予防できるかはまだ十分にはわかっていません。また、ワクチン接種が徐々に進んでいく段階では、すぐに多くの方が予防接種を受けられるわけではなく、ワクチンを受けた方も受けていない方も、ともに社会生活を営んでいくことになります。

▽このため、皆様に感染予防対策を継続していただくようお願いします。
・「3つの密(密集・密接・密閉)」の回避:密集場所×・密接場面×・密閉空間×
・マスク、フェイスガード等の着用
・石けんによる手洗い
・手指消毒用アルコールによる消毒の励行

■教室・相談のご案内(事前予約必要)
◆自主トレーニング講習会
講習会を受講された方は、トレーニング機器が利用可能な日には自由に利用できます。
▽利用者の声
「糖尿病ですが、7kg減量でき検査数値も安定しています」等、良いご感想をいただいております。」
対象者:40歳以上の市民(医師から運動を制限されず、介護保険認定を受けていない方)
受講料:500円
申込先:健康課、新宮総合支所地域振興課
日時・場所:
10月1日(金曜日)9時15分~11時45分/新宮総合支所
10月4日(月曜日)9時15分~11時45分/はつらつセンター

◆プレママサロン(妊婦のつどい)
妊婦が集い、交流するサロンです。
対象者:妊婦(お子様連れの参加可能)
参加費:無料
持参物:母子健康手帳、お茶等、マスク
申込先:母子健康支援センターはつらつ
内容:ミニ講座(出産準備・呼吸法等)、フリートーク、気軽に相談コーナー
日時・場所:
9月22日(水曜日)10時~11時30分(受付9時45分~)/はつらつセンター
10月20日(水曜日)10時~11時30分(受付9時45分~)/はつらつセンター
「保健師、管理栄養士、助産師がお待ちしています。」

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU