文字サイズ
自治体の皆さまへ

ええやん! 四日市 市長コラム Vol.16

7/12

三重県四日市市

■AR防災学習アプリARLook(あるっく)
本市では、災害時の浸水リスクなどの防災情報を分かりやすく発信するとともに、皆さんに防災意識を高めていただくためにAR(拡張現実)技術を活用した本市独自の防災学習アプリを導入しました。
「ARを見る」という機能上の意味と、アプリを用いてまちを「歩く」という意味を掛け合わせ、「ARLook(あるっく)」と名付けました。
アプリには大きく三つの機能があります。

▽1.浸水AR
洪水、高潮などの災害の種類を選択し、周囲にカメラをかざすと現在地の想定浸水深をカメラ映像に合成して表示する。

▽2.避難所AR
カメラをかざすと、避難所のある方角に避難所名や避難所までの距離を表示する。

▽3.まちあるき機能
明治以降の古い地図や撮影地点に合わせて登録された昔の街並みの写真を表示する。

ARLookには、防災情報に加え、歴史、文化に親しむという視点も盛り込みました。このアプリを通してまちを「見て」、「歩いて」楽しみながら地域や家庭での防災事前学習などに活用していただき、自分自身の備えにつなげていただければと思っています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU