文字サイズ
自治体の皆さまへ

ワクチン接種体制の構築に向けて

1/40

千葉県佐倉市

■医師会と民間企業と佐倉市が「オール佐倉」で取り組みます
印旛市郡医師会佐倉地区 代表 小林 照久先生×佐倉市 市長 西田 三十五

◇印旛市郡医師会佐倉地区代表にお話を伺いました
(市長)
佐倉地区医師会の皆さまには、日頃より、市民の健康を守るため、新型コロナウイルスの感染疑いがあるかたの診察や、PCR検査にご協力をいただき、感謝申し上げます。新規感染者は減少していますが、病床稼働率、変異ウイルスの発生などを考慮すると、決して予断を許さない状況にはかわりありません。

(小林先生)
―体調が悪いときは、かかりつけ医に相談を…
新型コロナウイルスが拡大している中で、病院の受診を控えてしまう人もいると思いますが、新型コロナウイルスは重症化してしまうと、とても対応が難しくなります。
体調が悪いと感じたら、かかりつけ医にすぐに相談し、早めの検査、早めの受診、早めの治療をすることが大切です。市内の医療機関では、しっかりと感染対策を行っていますので、安心して受診してください。
―ワクチン接種
新型コロナウイルスワクチン接種につきましては、皆さまの関心が非常に高いと思います。市民からの問い合わせが増えていますか?

(市長)
「自分はいつ受けられるのか?」「どこで受けられるのか?」というご質問が多くあります。
―接種スケジュール
2月下旬から、医療従事者へのワクチン接種を開始します。
4月1日以降に、65歳以上の高齢者を優先し、続いて基礎疾患のあるかた、その後順次、市民の皆さんに接種していただく予定です。65歳以上のかたには、3月中旬以降に接種券を送ります。
―接種場所
接種する場所としましては、まずは、かかりつけ医にご相談いただきたいと思います。かかりつけの地域のお医者さんで、ワクチン接種ができれば、市民も安心だと思います。ただ、「かかりつけ医がいない」「日程があわない」などの場合は、市内の民間施設、公共施設で接種できるように準備をすすめております。
―安心してワクチン接種を…
佐倉市内には、頼れるお医者さんがたくさんいらっしゃいます。市では、市民の皆さんが安心してワクチン接種していただけるよう、医師会の先生方、関係機関と連携して取り組んでいきます。

(小林先生)
佐倉地区医師会では、かかりつけ医として接種する場合、また、佐倉市内の施設で接種を行う場合にも、最大限協力してまいります。
ご高齢のかたや基礎疾患があるかたは、できるだけかかりつけ医で接種していただけるようお願いします。
―心配なことは、相談を…
ワクチンについては、アレルギー体質のかたや妊婦のかたへの接種など、不明な点も多いことから、市民のみなさまが相談できる体制を整えておくことがとても大切だと思います。

(市長)
―ワクチン接種に関するコールセンター開設
3月1日から、ワクチン接種に関するコールセンターを、開設いたします。
今後、接種の手順、接種ができる場所など、内容が決まり次第、ホームページや「こうほう佐倉」などを通じてお知らせしていきますが、不明な点がありましたらコールセンターにお問い合わせください。

(市長)
ワクチンは、現在、16歳以上のかたが接種の対象となっていますが、ワクチンの数は十分あるのでしょうか。
また、副反応がでた場合の対応はどうですか。

(小林先生)
インフルエンザワクチンと違って、接種対象者分は確保される予定ですので、安心してください。
―副反応について
重篤なアナフィラキシー反応などの副反応が生じた場合、接種会場で応急処置を行うと同時に救急搬送準備をし、市内や印旛管内の救急病院へ搬送する体制ができています。

(市長)
先生、いろいろな情報をありがとうございます。
市民の皆さんが、新型コロナウイルスのワクチンを接種できるよう、佐倉市と佐倉地区医師会が一丸となって取り組んでまいります。
市民の皆さんの、ご理解とご協力をお願いいたします。

■ワクチン接種Q and A
◇接種が受けられる時期
・医療従事者の接種のあと、高齢者の接種開始は、早くても4月1日以降になる見込みです。
・高齢者への接種券の発送は、3月下旬を予定しています。

◇接種回数
2回接種です。

◇接種の対象や、受ける際の接種順位
ワクチンは国が全国民分の確保を目指しています。ワクチンの供給は徐々に行われるので、接種順位を決めて接種を行ないます。
[現時点では、次のような順序で接種]
(1)医療従事者など
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれたかた)
(3)高齢者以外の基礎疾患を有するかたや高齢者施設などで従事されているかた
(4)それ以外のかた

◇接種を受けられる場所
市内医療機関、民間施設、公共施設を予定しています。
※接種券に接種可能な医療一覧表を同封

◇接種費用
無料です。

◇副反応が起きた場合
予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合には予防接種法に基づく救済が受けられます。

■ワクチン接種に関するコールセンター
◇ワクチン接種に関する専用コールセンターを開設しました
現在、実施可能となる医療機関の調整や接種券の発送時期の調整を進めています。接種については、国が定めた順位で実施される予定です。
※接種可能な医療機関などの詳細は、決まり次第、こうほう佐倉やホームページなどでお知らせします

・新型コロナウイルスワクチン
接種コールセンター(午前8時30分~午後5時)【電話】0570-001-760
厚生労働省電話相談窓口(午前9時~午後9時)【電話】0120-761770

■注意
ワクチン接種は無料です!「お金を払えば早く接種できる」「医療機関を紹介するのでお金を振り込んで」などといった話は詐欺です!!ワクチン接種に関して、お金の話が出たら詐欺です!!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU