文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療制度の一部を変更

22/53

北海道旭川市

保険料の詳細を7月に個別に送付します

■対象
後期高齢者医療制度加入者
・75歳以上の方
・65~74歳で一定の障害がある方

■均等割の判定基準の変更
均等割の対象となる世帯の所得判定基準が、下の表のとおり変わります。


※地方税法の見直しにより、給与所得控除額と公的年金等控除額がそれぞれ10万円引き下げられましたが、均等割軽減(対象者)にその影響が生じないよう、令和3年度の均等割軽減所得要件を見直しています。

■均等割の軽減割合を見直し
これまで7.75割軽減の対象だった方は、7割軽減になります。

■被用者保険の被扶養者だった方の軽減期間
後期高齢者医療制度に加入する前まで、被用者保険(職場の健康保険等)の加入者に扶養されていた方は、同制度への加入時から2年間は均等割が5割軽減になります。
※所得割は掛かりません。所得額により、均等割の軽減割合が7割になる場合があります。

■令和3年度 保険料の計算方法
「均等割 被保険者が等しく負担する額 52,048円」+「所得割 被保険者本人の所得に応じて負担する額 (令和2年中の所得-43万円)×10.98%」=「1年間の保険料 限度額64万円 100円未満切り捨て」

詳細:国民健康保険課
【電話】25・8536

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU