文字サイズ
自治体の皆さまへ

終活(しゅうかつ)〜将来の安心に備えるため、今できること〜

1/25

大分県中津市

終活とは、残りの人生を自分らしく過ごすための準備のことです。
誰もがいつ、命に関わる大きな病気やケガをするかはわかりません。命の危険が迫った状態になると、約7割の人が医療や介護の内容などを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることができなくなると言われています。
どこで、どのような医療や介護を望むかを考え、その「おもい」を信頼する人たちへ伝える「エンディングノート」。市では、エンディングノートとして使える「私のおもいちょっとだけシート」を作成し、無料で配布します。
これからの人生に向けて「今できることから始めたい」とお考えの人は、まず「私のおもい」を整理するところから始めてみませんか?

■シートに記入する内容
・もしもの時の連絡先
・もしもの時の希望する医療
・私の病気
・今の私のおもい
・これからの私のおもい
・私の介護
・私の病気の告知
・私の保険

■シートを使うときは・・・
・全部を埋めなくても大丈夫。書けるところから記入しましょう。
・何度書き直しても大丈夫。気持ちが変わったときのために、鉛筆で記入しましょう。
・シートの存在は、信頼する人たちに伝えましょう。いざというときの、判断の一つになるかもしれません。
・シートは、お薬手帳カバーの中に三つ折りで収納できます。

■ここでもらえます!
在庫がないことがありますので、事前に各高齢者相談支援センターにご連絡ください。

高齢者には、お薬手帳カバーも一緒に無料で配布しています。
高齢者相談支援センターは、地域包括支援センターの愛称です。
※シートは、市ホームページからもダウンロードできます。

問合せ:介護長寿課
【電話】62-9805

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU