文字サイズ
自治体の皆さまへ

公民館図書室

23/30

兵庫県養父市

※最寄りの公民館図書室で取り寄せることができます。

■一般書
◇『空気と人類いかに[気体]を発見し、手なずけてきたか』
サム・キーン(著)
寒川均(訳)
(白揚社)
あなたが今吸っている空気は、あなたの祖父母が若いころに吸っていた空気と同じではない。
大気の誕生から、気体の科学が農業・産業・医療・戦争にもたらした革命まで、世界を変え、歴史を動かした「空気」の物語を描く。

◇『さようならアルルカン/白い少女たち』
氷室冴子(著)
(集英社)
ひりつくような焦燥感、純愛、「少女」という檻の閉塞感。多感で未熟な姿を鮮やかに描いた、伝説の少女作家・氷室冴子の初期作品集。
表題作の2作に加え、「あなたへの挽歌」「おしゃべり」など全6作を収録する。

■児童書
◇『池の水なぜぬくの?』
安斉俊(著・絵)
勝呂尚之(監修)
(くもん出版)
テレビ番組で人気の「池の水ぬき」。もっぱら外来生物探しをメインにしていますが、池の水を抜く本当の理由は別にあります。池の水を抜く本当の理由は?生き物を捕まえるときに、気をつけることは?身近にあるけど意外に知らない池の知識などを分かりやすく紹介。

◇『くらやみきんしの国』
エミリー・ハワース=ブース(さく)
おおつかのりこ(やく)
(あかね書房)
くらやみが怖い王さまは、国じゅうのくらやみを禁止に。みんなが逆らわないようくらやみは悪だとうわさを流します。しばらくは、明るい毎日にみんな大よろこびでしたが…。
おかしなさわぎをユーモラスに描いたちょっぴりこわいゆかいな絵本。

■お知らせ
◇八鹿公民館図書室の閉室に伴い一部サービスを休止します
やぶ市民交流広場(YBファブ)の新設に伴い、八鹿公民館図書室は、7月13日(火)をもって閉室します。下記の期間、一部のサービスを休止します。
利用者の皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解、ご協力をお願いします。
※公民館図書室ホームページ(本紙掲載QRコード参照)

◇休止期間
県立図書館・県内の他市町立図書館の所蔵資料貸出の申込受付:10月初旬まで
(県内の他市町立図書館所蔵資料は相互貸借)
※県立図書館・県内の他市町立図書館所蔵資料が早急に必要な場合は、近隣の図書館をご利用ください。各館の利用者登録ができ次第、申し込みできます。

リクエストの受付:10月初旬まで
八鹿公民館所蔵資料の予約受付:7月1日(木)~9月中旬
※養父・大屋・関宮公民館図書室で所蔵している資料は、通常通り予約できます。
※6月30日(水)までの予約申込時点で貸出中・予約順番待ちの状態で、八鹿公民館図書室の閉室までに資料を受け取ることができなかった場合は、養父・大屋・関宮で受け取りができます。
受け取りを希望する図書室等を職員にお伝えください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU