文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 福井でできる“脱炭素”(2)

2/22

福井県福井市

■2.そもそも…最近よく聞く「脱炭素社会」って?
「脱炭素社会」とは、地球温暖化の原因であるCO2などの温室効果ガス排出量が「実質ゼロ(*1)」になった社会をいいます。
地球環境を温暖化の影響から守るため、2015年の国際会議では「世界の気温上昇を産業革命以前に比べて1.5度未満に抑える」ことが、世界共通の目標に。これを達成するには、「2050年までにCO2の実質排出量をゼロにする必要がある」とされています。

●「ゼロカーボンシティ宣言」
日本政府は、昨年10月に「2050年の国内の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする」と宣言しました。
福井市も、今年3月、2050年のCO2排出量を実質ゼロにすることを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。
4月には県内初となる商用水素ステーションが営業開始。太陽光などの再生可能エネルギーの普及に加えて、使う時にCO2を排出しない次世代のクリーンエネルギーである「水素」も、皆さんの身近なエネルギーになるよう取り組みます。
また、福井市が「ゼロカーボンシティ」を実現するためには、福井に暮らす皆さんの協力が欠かせません。普段の生活の中の小さな取り組みが、大きな力につながります。

▽[point]*1 「実質ゼロ」とは…
家庭や工場などから排出される温室効果ガスの量から、森林などによって吸収される温室効果ガスの量を差し引きゼロにすること。

■3.じゃあ何ができる?「福井らしい」エコをしよう!
省エネ・低炭素型の製品、サービス、行動を「賢く(クールに)」「選択(チョイス)」していこうという国民運動「クールチョイス」を知っていますか。日常の簡単な「選択」が、脱炭素につながります。皆さんも、福井らしさにつながる「クールチョイス」に取り組んでみませんか。

●「家」をエコに!
・LED電球や省エネタイプの最新家電に買い替える
・窓にすだれや二重サッシを設置する
・ZEH(ゼツチ)(*2)や、断熱リフォームを検討する

▽*2 ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)
高断熱、省エネ設備、再生可能エネルギーを導入し、年間のエネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅。

●「移動」をエコに!
・「エコカー」を選ぶ
・「エコドライブ(*3)」を心掛ける
・公共交通機関や自転車を利用する

▽*3 エコドライブ
「ふんわりアクセル」や、加減速を最小限にする環境にやさしい運転。

●「食卓」をエコに!
・福井産のものを買う「地産地消」に心掛け、おいしい福井の食を楽しむ
・食べ切れる量を買うようにして、食品ロス(*4)を減らす

▽*4 食品ロス
消費期限切れなどで手付かずのまま捨てられたものや食べ残し。

次ページからは、市と協働して「エコ」な行動に取り組む人たちを紹介します。
・目指せゼロカーボン!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU