文字サイズ
自治体の皆さまへ

ブックラボ

7/31

福井県福井市

図書館司書が選んだ本を紹介します。
今月のテーマは、「発見」です。

■ボタニカ
朝井まかて/著
出版:祥伝社

生涯を植物の研究に捧げた牧野富太郎。名付けた植物は2500種以上。全国で植物知識の普及に尽力し、金字塔的な日本の植物図鑑を著した。飽くなき探求心で学問に邁進(まいしん)。私財を投じて書物を贖(あがな)い、採集に入れば生活さえ顧みない。そんな富太郎のひたむきな情熱を支えた女性たちの生き様や、同時代に活躍した人物にも光を当てた小説。

■ザ・パーフェクト -日本初の恐竜全身骨格発掘記
土屋健/著
出版:誠文堂新光社

北海道むかわ町の化石採集家が、散歩で化石を見つけた。ワニの化石と思われたが、博物館学芸員、クビナガリュウ専門の古生物学者の手を経て、最終的に世界的恐竜学者小林快次(福井市出身)によって恐竜化石だと特定される。小林はそこに全身骨格が埋まっていると主張、町をあげての発掘作業が行われた。それは新種の恐竜の全身骨格発見だった。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU