文字サイズ
自治体の皆さまへ

ぶんか情報発信中(1)

12/32

滋賀県愛荘町

■第36回企画展 絵葉書でたどる近代旅行記
近代では移動手段が多様化し、人々に生活を楽しむ余裕ができたこともあり、観光を企画する会社が出てきました。日本で絵葉書が使われ始めたのもこの頃でした。
旅行先で販売されている絵葉書は、旅行の思い出を共有できる媒体の一つとして長い間使われていました。手紙が一般的な通信手段だった時代、名所や風景以外にも様々なデザインの絵葉書が作られました。古い絵葉書に描かれた風景には、今では見られないものも存在します。
昨今、新型コロナウイルスの影響で遠方への移動が困難になり、修学旅行の中止や旅行会社のツアーの規模縮小により、旅行から足が遠のいている人々が見られます。
展覧会では、近代に発行された日本の名所を描いた絵葉書や、海外旅行のパンフレットを展示します。併せて絵葉書に描かれた近江の名所の現在の写真も紹介しますので、時代の変化や旅の思い出を懐かしみながらお楽しみください。
会期:3月21日(月・祝)まで
会場:歴史文化博物館企画展示室
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月・火曜日(祝日は開館)・2月24日(木)
入館料:町内在住の方は無料
展示解説:2月20日(日)・3月20日(日)各日11:00~・14:00~

■一般社団法人愛荘町文化協会第17回総合発表会
愛荘町文化協会の会員が日頃の練習の成果を発表します。入場は無料で、どなたでも入場いただけます。是非お越しください。

▽作品発表
水墨画、書道、びん手まり、手芸、陶芸、ひょうたんなど
日時:
2月12日(土)10~16時
13日(日)10~15時
場所:ハーティーセンター秦荘中ホールおよび館内

▽舞台発表
舞踊、詩吟、大正琴、民謡、三味線、和太鼓など
日時:2月13日(日)10~15時
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール

※本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため昼食の準備はありません

■愛知川無賃橋190年御幸橋架替60年記念愛荘町立歴史文化博物館夏期特別展「愛智河架橋略史」連携企画 愛荘むら芝居『愛智河架橋物語』好評販売中
天保2年9月27日、愛知川に初めて恒常的な橋がつけられました。その架橋には、愛知川宿問屋役の成宮弥次右衛門をはじめ多くの人々が絡むドラマがありました。架橋190年を記念して、愛荘むら芝居一座が偉業を顕彰する演劇を上演します。
日時:3月19日(土)14時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
出演者:愛荘むら芝居一座
入場料:全席自由500円(税込)

■ハーティーわかあゆLIVE!2022
全12組の出演が決定!
日頃、地道に練習を重ねておられるアマチュアバンドの皆さんによる熱いライブをお届けします。さまざまなジャンルの曲を一度にお楽しみいただけます。
明日のスターを探しに、是非ハーティーセンター秦荘にお越しください!!
日時:3月6日(日)10時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
入場料:全席自由 無料

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU