文字サイズ
自治体の皆さまへ

市からの重要NEWS(2)

7/23

青森県青森市

■低所得のかたの介護保険サービスの利用者負担が軽減されます
◆介護保険施設に入所(ショートステイ含む)した場合の食費や居住費が軽減されます
▽特定入所者介護(介護予防)サービス費負担限度額認定
介護保険施設に入所する場合やショートステイを利用する場合、申請により食費・居住費の自己負担額が軽減されます。
国の介護保険法の改正により8月から対象者の所得状況に応じて預貯金等の基準及び食費の負担限度額が変わります。
対象者:
・生活保護受給者
・本人及び世帯全員が市民税非課税のかた
※一定額を超える預貯金等(単身500万~1千万円、夫婦世帯1千500万~2千万円)がある場合や世帯分離をしている配偶者が市民税課税の場合は対象外。
申請に必要なもの:
・預金通帳(申請日の直近2か月前までの記載のあるもの)
・有価証券(証券会社や銀行の口座残高がわかるもの)
・借用書(借入金や住宅ローンなどの負債がある場合)
※配偶者のいるかたは、本人と配偶者双方の通帳等が必要です。

◆社会福祉法人が提供する介護保険サービスの利用者負担額が軽減されます
▽社会福祉法人による利用者負担額軽減制度
申請によって利用者負担額が軽減されます。対象となるサービスや事業所など、詳しくはお問合せください。
対象者:次のすべての要件を満たすかた
・同じ住所に居住するかた全員が市民税非課税
・令和2年中の収入額が単身世帯で150万円、世帯員が1人増えるごとに50万円を加算した額以下
・預貯金等の額が単身世帯で350万円、世帯員が1人増えるごとに100万円を加算した額以下
・日常生活のために必要な資産以外に活用できる資産がないこと
・市民税課税者に扶養されていないこと
・介護保険料を滞納していないこと
軽減割合:
・老齢福祉年金受給者…2分の1
・生活保護受給者(居住費・滞在費のみ)…全額
・それ以外のかた…4分の1
申請に必要なもの:
・健康保険証
・同じ住所に居住するかた全員の預金通帳(令和2年1月から直近までの記載があるもの。7月末までに申請する場合は、令和元年1月から記載のあるもの)
・前年中の収入額のわかるもの(年金振込通知書、給与明細、事業の収支表、仕送り額のわかるものなど)

申込み・問合せ:
介護保険課【電話】017-734-5362
浪岡振興部健康福祉課【電話】0172-62-1134

■在宅要介護者に紙おむつを支給します
在宅で生活している要介護3(常時失禁)・4・5で、常時紙おむつを必要とする対象要件を全て満たすかたに、申請により、紙おむつを支給しています。
対象要件:
・市民税非課税(前年度)で、介護保険料に滞納のないこと
・病院や施設に入院(入所)していないこと
※支給決定したかたが一時的に入院した場合は、そのまま支給対象となります。

申込み・問合せ:
高齢者支援課【電話】017-734-5326
浪岡振興部健康福祉課【電話】0172-62-1134

■70歳以上の皆さんに「いき・粋(いき)乗車証」を交付します
市営バス等を低料金で利用できる高齢者福祉乗車証「いき・粋乗車証」を交付します。申請は満70歳の誕生日の前日(前日が土・日、祝日のときはその前日)からできます。手続には本人がお越しください。
手続に持参するもの:
(1)本人確認ができるもの(健康保険証など)
(2)顔写真1枚(無帽、背景なし、縦3・5cm×横2・5cm、6か月以内に撮影したもの)
(3)手数料1千円(介護保険料段階によって無料)

申込み・問合せ:
高齢者支援課【電話】017-734-5326
浪岡振興部健康福祉課【電話】0172-62-1134

■地域包括支援センターは、地域の身近な高齢者の相談窓口です。担当の地域包括支援センターをご案内しますので、お気軽にお問合せください。

問合せ:
高齢者支援課【電話】017-734-5206
浪岡振興部健康福祉課【電話】0172-62-1134

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU