文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなで支える国民健康保険

2/32

兵庫県赤穂市

~一人一人の健康管理で医療費を大切に~
国民健康保険(国保)は、加入者の皆さまが病気やけがをされたとき、安心して医療を受けられるように、収入に応じて保険税を負担していただき、必要な費用に充てる制度です。
国保制度は、加入者に納めていただく保険税と、県からの支出金などで運営しています。急速な高齢化の進展、生活習慣病の増加や医療技術の高度化などにより医療費が増加し保険給付費が膨らむ一方で、保険税収入は依然として伸び悩んでおり、国保は厳しい財政状況にあります。

■本市の国保の状況は
―令和元年度の医療費は、約44億3千万円―
国保加入者が病気やけがで医療機関にかかられた医療費の総額は、入院にかかる費用額の増加などにより前年度に比べ多くなっています。

■一人当たりの医療費
令和元年度の被保険者一人当たりの医療費(療養費含む)は、44万8,804円で前年度に比べ2万4,282円増加しています。
また、一人当たりの医療費は、兵庫県内の市平均39万8,053円に比べ5万751円高くなっています。(図1)
一方、保険税は介護納付金分と合わせて、一人当たり8万6,686円となり、横ばいです。(図2)

◇国保1人当たり医療費の比較(令和元年度)(図1)

◇国保1人当たり医療費と保険税の推移(図2)

■令和3年度の保険税率等は据え置きました
保険税の総額は、その年度に予測される医療費から、私たちが医療機関の窓口で支払う一部負担金や国などからの補助金を差し引いた分となります。
医療費が増えると保険税も高くなります。そうならないためにも日頃から健康づくりを心がけましょう。

◇令和3年度の保険税率等

■国保加入者の疾病の状況
図3のグラフは、本市の国保加入者が令和2年5月の1カ月間に医療機関を受診した疾病分類別の件数です。
このグラフから、消化器系の疾患や、生活習慣病である循環器系の疾患、内分泌、栄養及び代謝疾患が多いことが分かります。
生活習慣病は、自覚症状がないまま進行することが大半で、いつあなたに忍び寄っているか分かりません。健康診断(健診)を受診することは、自覚症状のない初期の段階での早期発見につながり、病気の芽をいち早く摘みとることができます。

◇国保加入者の疾病分類別件数の状況(図3)

■医療機関の適正受診にご協力ください
医療機関を利用するときは、次の点に注意して上手に受診しましょう。

(1)かかりつけ医(ホームドクター)を持ちましょう
気になる症状があれば、まずはかかりつけ医を受診しましょう。

(2)はしご受診はやめましょう
同じ病気で複数の医療機関にかかる「はしご受診」は、度重なる検査や投薬などにより体に悪影響を与えてしまう心配があります。

(3)やむを得ない場合を除き時間外受診は控えましょう
休日・夜間診療は割増料金となり、自己負担も大きくなります。

(4)薬の適切な用量・用法を守りましょう
受診の際は「お薬手帳」を持参し、不要な薬をもらわないようにしましょう。

(5)ジェネリック医薬品を上手に活用しましょう
ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬と同等の効果で価格が安いというメリットがあります。

問合せ:医療介護課国保年金係
【電話】43・6813【FAX】43・6892

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU