文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費者トラブル ちょっと待った!~かしこい消費者になろう

8/32

兵庫県赤穂市

■「お試し」のつもりが定期購入に!?
事例:インターネット通販で「お試し500円」と表示されたダイエットサプリメントの広告を見て注文。翌月、2回目の商品とともに6,500円の請求書が届き、5回の定期購入が契約の条件だったと分かった。

通常よりも低い価格で購入できると広告しながらも、実は定期購入が条件となっている健康食品などの通信販売のトラブルが増加しています。安く1回だけ買うつもりが、実際は定期購入になっており、2回目以降から高額な支払いを求められ、中には支払総額が数万円になることもあります。
解約を希望しても、定期購入の期間が終わるまで解約できないと断られるケースがほとんどです。

《ちょっと待った!》
◇この言葉が出たら要注意!
・「1回目○%OFF」
・「初回実質0円」
・「お試し○○円」
・「いつでも解約可能」

◇トラブル防止のポイント
広告ページや申し込みの最終確認画面などで、定期購入が条件となっていないか、定期購入の場合の契約期間や支払総額など、契約内容をよく確認しましょう!

問合せ:消費生活センター
【電話】43・7067【FAX】43・6810

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU