文字サイズ
自治体の皆さまへ

出水期への備えを!!

8/37

兵庫県赤穂市

~6月は「豊かなむらを災害から守る月間」です~
梅雨の長雨などにより、土砂災害などの風水害や水難事故が発生しやすくなります。被害を最小限にとどめるため、日頃から災害に対して備えておくほか、お住まいの地域やご家庭でも危険箇所や避難場所について話し合っておきましょう。また、災害の恐れがある場所には近づかないようにしましょう。

■ため池編
ため池が決壊すると、下流の地域に大きな被害をおよぼします。これからの時季は、次の点に注意して、ため池の点検を行いましょう。
(1)管理者を決めて、常に適正な管理を行いましょう。見回りや点検は必ずライフジャケットを着用し、複数名で行いましょう。
(2)気象情報に注意し、大雨が予想されるときには、早めに水位を下げましょう。
(3)堤防に繁茂する草木は伐採し、漏水や破損が無いかを確認しましょう。堤防などに異常があるときは、農林水産課までご連絡ください。

■用水路編
今年も田植えの季節となり、用水路への通水が始まりました。通水期間中は用水路の水位が上がり、特に子どもには大変危険な場所となります。用水路への転落事故などを防止するためにも、近寄ったり、遊んだりしないようにしましょう。

■治山編
森林の持つ保水能力の限界を超える集中豪雨などで、各地で地すべりや土石流などの林地崩壊が発生しています。
森林は、癒しの空間である反面、連続降雨や集中豪雨による山地災害の危険を常に抱えていることを忘れてはなりません。
がけ地や急勾配の林地に接近している住宅や建物にお住まいの人は、次のことに注意しましょう。
(1)がけ地または山地から流れ出てくる水の色が急激に変化した。
(2)がけ地または山地から、落石があった。
(3)がけ地または山地から、土砂の崩落があった。
(4)斜面にひび割れができた。
(5)雨が降り続いているのに、流れ出てくる水が突然出なくなった。または、流れ出てくる量が急激に減った。
これらのような現象は林地崩壊の前兆であることが多いため、発見したときは、すぐに避難しましょう。

■避難行動要支援者名簿への登録を!
地震や集中豪雨などの災害時に、自力避難が困難な人を地域全体で支援するため、個人情報の提供に同意した人を避難行動要支援者名簿に登録しています。登録した情報は自治会などで組織される自主防災組織や地区担当民生委員などに提供し、災害時に活用します。
大規模災害発生時は、消防などによる救助・救出にも限界があります。このような時、自分の身は自分で守る「自助」、地域で助けあう「共助」の精神が不可欠です。地域ぐるみで安否確認や避難支援などを円滑に行うために、日頃から地域と積極的にコミュニケーションをとっておきましょう。

◯登録内容
・自治会名
・住所
・氏名
・性別
・生年月日
・同居人数
・支援が必要な理由
・安否確認を行う近隣者
・緊急時の連絡先
・地区担当民生委員など

◯登録対象者
・避難の移動ができない人(例:ねたきりなど)
・避難の判断ができない人(例:認知症など)
・避難の移動に時間がかかる人(例:杖を使用している人など)
・その他支援を必要とする人

◯登録方法
地区担当民生委員または社会福祉課に相談し、「避難行動要支援者名簿登録申請書」を提出してください。

問合せ:社会福祉課
【電話】43-6809【FAX】45-3396

■避難と新型コロナウイルス感染症について
災害の危険度が高まった場合、多くの避難所を早めに開設し、3つの密(密閉・密集・密接)を避けるなどの感染防止対策に取り組みます。市民の皆さまも、感染症防止用品の携行や、親戚や友人の家などへの避難も検討し、感染リスクの低減にご協力をお願いします。
災害のリスクはハザードマップで確認し、早め早めに避難してください。

問合せ:危機管理担当
【電話】43-6866【FAX】43-6892

■マイ避難カードを作成しましょう!
毎年、全国各地で風水害や地震などの自然災害が発生しています。
ある程度発生が予想することができる風水害では、事前に避難行動をとることが命を守ることに繋がります。『マイ避難カード』の作成を通じ、自分や家族の避難について考えてみましょう。

◯『マイ避難カード』とは
災害の危険が迫っている時に、「いつ」「どこに」「どのように」避難をするかをあらかじめ自分で確認、点検し、カードにそれらを書き記しておき、自宅内の普段から目につく場所に貼り出すなどして、いざという時の避難行動に役立てるためのものです。

◯作成方法
赤穂市ハザードマップ避難災害情報版または、スマートフォンアプリ版「ひょうご防災ネット」を活用して作成してください。

■避難情報が5月20日から変わりました
「避難勧告」は廃止されました。今後は、「避難指示」で必ず避難をしてください。
新たな避難情報は、広報あこう5月号と一緒に配布した赤穂市ハザードマップ避難災害情報版に記載しています。
必ず確認して命を守る行動をお願いします。

問合せ:農林水産課
【電話】43-6841【FAX】43-6892

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU