文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 みんなの居場所 すぽっと(2)

5/22

山形県朝日町

■利用者の声
~それぞれの楽しみ方・使い方~

〇楽しみながら新しいことに挑戦
菊地さん:一からやり方を教えてくれるというので初めて麻雀をやりました。年とともに手の機能が落ちてきてるので、ルールが多少分からなくてもリハビリのような気持ちで楽しくやっています。一つのことに集中する機会もなかなか無いので頭の体操にもなりますね。
若月さん:家や畑にだけ居るよりも、外に出かけて人と会話する方が良い刺激になります。皆さんもすぽっとで麻雀等を通して心と身体の運動をしてみませんか。

〇趣味に没頭できる素晴らしい場所
すぽっとに初めて来たとき、「こんな素晴らしい場所ができたなら利用しないともったいない」と思い、毎日のように趣味のハーモニカを演奏しに通っています。音がするものなので自宅では練習しづらかったのですが、ここでは自由に演奏させてもらい助かっています。私の場合はハーモニカでしたが、各々が自由に好きなことができるとても良い場所なので他の方々からもぜひ利用してもらいたいですね。

〇子どもたちが集う遊び場
平日の学校が休みの日、友達と集まって遊んでいる時に「みんなで行ってみよう」となって、初めてすぽっとに遊びに行きました。建物の中では、置いてあった将棋を友達と指したり、けん玉に挑戦したり、折り紙を折ったりとたくさん遊べて楽しかったです。中に居たおじいちゃん、おばあちゃんとも少しお話もしました。夏休みになったら、また友達とみんなで遊びに行きたいです。

〇子ども連れにも居心地の良い空間
すぽっとで行われた親子折り紙教室に参加したのがこの場所を知ったきっかけでした。その後も上の子が外で近所の子と遊んでいるのを見ながら下の子を中で遊ばせるなど楽しく利用させていただきました。まざれ~なの皆さんも快く迎えてくださり、子ども連れにも居心地の良い空間です。個人的には、お母さん同士がゆっくりできる場所としても凄く良いのではないかと思っています。

■寄って、話して、つながりづくり
~みんなで支え合うまちへ~

〇地域の支え合い・多世代間交流の拠点として
この施設の利用を通して、人と人とのつながりを感じ、コミュニケーションを図っていただくことで、高齢者の方々のみならず、町民の皆さま各々が抱える孤立感や不安の解消に向けて、支え合う仲間の輪を広げていただく施設になっていければと考えております。特に長期間に渡るコロナ禍により人間関係の希薄化が進む昨今、「みんなの居場所すぽっと」を、町民の皆さんの居場所づくり、地域で安心して自分らしく暮らしていくための一助として活用していただければ幸いです。

鈴木浩幸 町長

・朝日町地域福祉交流施設
「みんなの居場所すぽっと」
朝日町宮宿1084-5
【電話】0237-84-0202
開館日:月~金曜日(祝日を除く)
開館時間:午前10時~午後3時30分(11月~3月は午後3時まで)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU