文字サイズ
自治体の皆さまへ

ハッピーあぶ町♪健康習慣(10)みんなで実践!たばこについて今一度考えてみよう

27/45

山口県阿武町

阿武町で育児期間中の両親の喫煙率は、45.8%、今月はたばこについての情報をお送りします。

■日本人の死亡における予防可能な危険因子

死亡83万4,000件のうち、喫煙は12万9,000件と関連し、予防可能な危険因子として最も多いです。

■たばこの煙も典型的なPM2.5
大気中のPM2.5の濃度については、住民の健康を保護するために、環境省が外出を自粛するなどの注意喚起を行う目安として「1日平均値が70μg/立方メートル」と設定しました。
自由に喫煙可能な店での「PM2.5の値は約600μg/立方メートル」大気汚染リスク評価で「厳重汚染」とされている500μg/立方メートルを超えるレベルです。
たばこの煙による屋内のPM2.5が問題となっています。
・大気中のPM2.5値が10μg/立方メートル増えるとその地域の住民の死亡率が6%増えます

■いますぐ禁煙したいと思うあなたへ
特に禁煙を開始して2~3日は吸いたい気持ちや離脱症状が最も強くなるといわれています。吸いたい気持ちは3分程度でおさまります。3分の積み重ねで禁煙が継続できます!以下の対処法を参考にしてみましょう。
□深呼吸をする
□冷水を飲む
□ガム・フリスクを食べる
□散歩
□歯磨きをする
□今吸わなくてもいいやと思う
□ストレッチ
□エアータバコする(本気で)

■あなたならどうする?
もし、あなたの目の前で、子どもがたばこを吸っていたらあなたはなんと声をかけますか?
きっと「こんな体に悪いことはやめた方がいい」と伝えるでしょう。大人はたばこが有害なことを知っています。
しかし、自分自身のことだと思っていません。
子どもにかけようと思ったその言葉、たばこを今吸っているあなた自身に届いてほしいと思います。

■上手に禁煙するためのコツ
1.本数を減らすのではなく、一気にやめよう!
減らせば減らすだけ、一本一本がおいしくなってしまいます。そして、禁煙するまでの間ずっと離脱症状に悩まされます。一気にやめれば10日で楽になりますよ!

2.禁煙のための環境を整えよう!
たばこがそこにあったら吸ってしまいます!禁煙前に灰皿とたばこは全て片付けましょう。

3.応援してくれる誰かを見つけ、禁煙宣言しよう!
一人ではつらい禁煙も、誰かと分かち合えたらきっと楽になるはず!応援してくれる人を見つけましょう。

4.飲み会など、ハイリスク場面の対処法を考えよう!
必ずタバコを吸ってしまうタイミングを想定し、どうしたら吸わないでいられるか考えましょう。飲み会では、お酒を控えたり、冷水を飲んだり、座る場所を考えたりしましょう。
また離脱症状が落ち着くまでのハイリスクな状況を避けるようにしましょう。

5.お薬を使おう!
禁煙外来に通うことが禁煙成功への一番の近道です。
どうしても通えない場合は薬局で売っているニコチンパッチやニコチンガムを使うようにしましょう!

問い合わせ:健康福祉課
【電話】2-3113

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU